fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


失敗学のすすめ (講談社文庫)
失敗学のすすめ (講談社文庫)
畑村 洋太郎
講談社 2005-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「経験知」を伝える技術 ディープスマートの本質 (Harvard business school press)
問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」
失敗を生かす仕事術 (講談社現代新書)
問題解決プロフェッショナル「思考と技術」
決定版 失敗学の法則 (文春文庫)

失敗を単に否定的に捉えるだけではなく、今後に肯定的に生かすことを説いている本。

失敗には防ぐことの出来るものと、技術的に知られていないためそのメカニズムを解明することで発展につながるものがあることを多くの事例を引いて述べている。

失敗についてだけでなく、プロジェクトの類がどのようにして考えられたのかという裏設計についても書かれていて、参考になる。
特に、思考が論理的にまっすぐ進むものではなく、何度も前の段階に戻って練り直すというところは確かにその通りと思った。

さらっと読むには内容がしっかりしているため、もう少し読み返す必要がある。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト