読んだ本の感想をつづったブログです。


退職刑事 (1) (創元推理文庫)
退職刑事 (1) (創元推理文庫)都筑 道夫

東京創元社 2002-09
売り上げランキング : 236163

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
退職刑事〈2〉 (創元推理文庫)
退職刑事〈3〉 (創元推理文庫)
退職刑事〈4〉 (創元推理文庫)
退職刑事〈5〉 (創元推理文庫)
退職刑事〈6〉 (創元推理文庫)

刑事の息子が、定年退職した元刑事の父親に抱えている事件の内容を語り、父親が名推理を披露するという安楽椅子探偵ものミステリ連作。

テイスト的には鮎川哲也の三番館シリーズやアシモフの黒後家蜘蛛の会シリーズに近いが、本作は主な登場人物が父親と息子、あとは嫁の美恵が少し顔を出す程度と際立ってシンプルな構成になっているのが特徴である。

著者はあとがきで”マンネリズムに徹して”いると書いており、最近の言葉で言うと安楽椅子ものでのベタを追求している。それだけに内容のみで勝負する部分が多くなるが、それに十分耐えられるだけの中身がある。

推理としては奇想天外なトリックではなく、読者や息子が抱きがちな錯覚を利用した論理を利用したものが多く、この点でも著者のこだわりがあるようだ。

冒頭の方で語り手役の息子による”かつては硬骨の刑事、今や恍惚の刑事”というフレーズに吹き出し、面白く読むことが出来た。


[著者の他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 都筑道夫,


歴史、社会、文化など、日本と中国の相違点を語ったエッセイ集。

漢字を利用する点で日本と中国は似ているとされることが多いが、それすら使い方が違っていることがしばしばある。しかも明らかな違いなら分かりやすいが、中途半端に似ていたりするため、変に話が通じたりもして始末が悪い。

例えば”鬼”という言葉だが、日本では強くて恐いというイメージがあるのに対して、中国では幽霊に近いイメージとなる。

また、血統を重視する日本人と文明を重視する中国人、鉄砲が発達した日本と大砲が発達した中国など、卑近な例から違いが浮き彫りになっていく。

著者が歴史作家だけに三国志や秀吉の朝鮮出兵などにも話題が及ぶ。三国志は英雄が多くてまとまらなかったのではなく、むしろ二流の英雄ばかりで本当の英雄が不在だったため統一が出来なかったとか、曹操は三国志演義で描かれるような悪人ではなく、本質は成功した楽天家だったなど独自の視点が出てきて面白かった。


[著者が日本人と中国人の違いについて書いている本]
日本人と中国人 (集英社文庫)
「日本人と中国人 (集英社文庫)」
 著者:陳 舜臣
 出版:集英社
 発売日:1984-01
 価格:¥ 420
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 陳舜臣,

徳川三代―家康・秀忠・家光 (中公文庫)徳川三代―家康・秀忠・家光 (中公文庫)

司馬 遼太郎 (著), 童門 冬二 (著), 小和田 哲男 (著), 原田 伴彦 (著), 高橋 富雄 (著)
中央公論新社 1999-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

作家や学者による、徳川三代の事跡についてのアンソロジー。

家康について目新しいことはほとんどなかったが、秀忠や家光の実像については名君あるいは凡人と評価が分かれていて、その違いが面白かった。

[司馬氏が家康を主人公として書いた歴史小説]

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 徳川家康,

沈黙のフライバイ (ハヤカワ文庫JA)沈黙のフライバイ (ハヤカワ文庫JA)
(2007/02)
野尻 抱介

商品詳細を見る


近未来における人類のファーストコンタクトや宇宙進出を描いた5作品からなるハードSFの短編集。
以前読んだ 『太陽の簒奪者』 が面白かったため、同じ著者が書いた本書を読んでみた。

表題作は極小サイズの探査機を大量に宇宙空間にばらまくという、現在既に検討されているアイデアをもとにしたファーストコンタクトもの。研究所の技術者たちが、”赤い小人”というコードネームの異星人が放った探査機が太陽系に来つつある事を突き止め、それらとの邂逅を描いている。

他には自身が60過ぎになってから小惑星を訪れて現在の疑問の答えを探すという「轍の先にあるもの」、火星への植民を扱った「片道切符」と「ゆりかごから墓場まで」、そして女子大生が思い付きから大気圏外への進出をする「大風呂敷と蜘蛛の糸」が収録されている。

どの作品でも荒唐無稽さが少なく、スタートレックのようなスペースオペラ好きには地味に感じられるかもしれないが、その分現在の宇宙調査の状況をよく踏まえているようで、リアリティが感じられ面白かった。
最近読んだSFの中では、かなり当たりの部類に入る。


[著者の他の作品]
ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)
ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)
野尻抱介 (著), 撫荒武吉 (イラスト)

早川書房 2012-07-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)

野尻 抱介 (著), KEI (イラスト)
早川書房 2012-02-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 野尻抱介,

談合しました―談合大国ニッポンの裏側
談合しました―談合大国ニッポンの裏側加藤 正夫

彩図社 2005-03-28
売り上げランキング : 66217

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「談合業務課」 現場から見た官民癒着
談合の経済学―日本的調整システムの歴史と論理 (集英社文庫)
談合破り!―役人支配と決別、命がけの攻防記
入札激震―公共工事改革の衝撃
談合がなくなる―生まれ変わる建設産業

警備会社で経理マンとして談合に関わっていて、それが元で解雇された人物による、談合の実態を描いたノンフィクション。

談合は大規模な工事などがニュースになることが多いが、ハコモノだけではなく警備や物品の納入など、役所が入札を行うほとんど全ての案件につきまとうものらしい。本書では例えば図書館の警備など、警備の案件における談合を描いている。

著者はある日営業部長に入札に連れて行かれ、否応なく談合に関わっていくことになるが、談合の段取りなどが生々しく描かれている。

やがて談合破りを狙った業者による告発によって警備会社が摘発に遭い、その後社内では指名停止などのペナルティへの対応に追われる。その際に談合に疎い経理部長と談合を取り仕切った常務とのやり取りは以下の通りで、談合がいかに通常の業務と化しているかが分かる。

”談合せずに入札するっていうことは?”
”それじゃあ、本当の入札になっちゃうだろ”

ゼネコンが行うような談合はかなり大規模な形になっているはずであり、本書の警備などは小規模な案件に属するが、それだけに談合が役所がらみの仕事のすみずみに存在していることが実感される。


[談合禁止を含む独占禁止法について書かれた本]
なるほど図解 独禁法のしくみ (CK BOOKS)
「なるほど図解 独禁法のしくみ (CK BOOKS)」
 出版:中央経済社
 発売日:2007-11
 価格:¥ 1,890
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ