fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


光武帝(中) (講談社文庫)
光武帝(中) (講談社文庫)
塚本 青史
講談社 2006-06-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
光武帝(下) (講談社文庫)
光武帝(上) (講談社文庫)
王莽 (講談社文庫)
呂后 (講談社文庫)
霍去病―麒麟龍彗星譚〈上〉 (河出文庫)


後漢の光武帝・劉秀を描いた歴史小説の中巻。

新王朝への反乱が大きくなっていくにつれ、劉秀の活躍する南陽と、呂母や力子都の活躍する赤眉軍、それぞれの場面がつながっていくことになる。

上巻では劉秀より呂母の方が目立っていたが、呂母が仇討ちを果たした結果目立たなくなり、ようやく劉秀が主人公らしくなる。
南陽の反乱軍では盟主格の劉玄が更始帝に即位し、劉秀の兄の劉演と対立した結果、劉演は暗殺されてしまう。
実際の劉演はもっと豪放磊落なカリスマ性のある人物だったようなイメージがあるが、本書では劉秀につらくあたる嫌な兄として描かれていて、少々違和感もないではなかった。

そうした中、劉秀は昆陽で新の大軍を打ち破るなど活躍を続け、更始帝政権での内紛を避けるために軍隊を河北に進めて行く。

全体的な感想は下巻で。
とりあえず、表紙が中巻で重要な役割を果たす蟹というのはいいチョイスだと思った。


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 塚本青史,