fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



野尻 抱介 (著)
早川書房 (2007/2/1)


近未来における人類のファーストコンタクトや宇宙進出を描いた5作品からなるハードSFの短編集。
以前読んだ 『太陽の簒奪者』 が面白かったため、同じ著者が書いた本書を読んでみた。

表題作は極小サイズの探査機を大量に宇宙空間にばらまくという、現在既に検討されているアイデアをもとにしたファーストコンタクトもの。研究所の技術者たちが、”赤い小人”というコードネームの異星人が放った探査機が太陽系に来つつある事を突き止め、それらとの邂逅を描いている。

他には自身が60過ぎになってから小惑星を訪れて現在の疑問の答えを探すという「轍の先にあるもの」、火星への植民を扱った「片道切符」と「ゆりかごから墓場まで」、そして女子大生が思い付きから大気圏外への進出をする「大風呂敷と蜘蛛の糸」が収録されている。

どの作品でも荒唐無稽さが少なく、スタートレックのようなスペースオペラ好きには地味に感じられるかもしれないが、その分現在の宇宙調査の状況をよく踏まえているようで、リアリティが感じられ面白かった。
最近読んだSFの中では、かなり当たりの部類に入る。


[著者の他の作品]
ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)
ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)
野尻抱介 (著), 撫荒武吉 (イラスト)

早川書房 2012-07-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)

野尻 抱介 (著), KEI (イラスト)
早川書房 2012-02-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 野尻抱介,