fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


パスティーシュと透明人間 (新潮文庫)パスティーシュと透明人間 (新潮文庫)

清水 義範
新潮社 1995-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パスティーシュ(模倣)小説で知られる清水義範のエッセイ集。書き下ろしではなく、様々な雑誌に掲載されたエッセイを集めている。

基本的にエッセイを書くのはあまり得意ではないとあとがきで述べており、別の旅行エッセイでは小説仕立てにしていたほどだった。断れない仕事としてエッセイを書いていたら1冊分たまったのが本書とのことだが、そうした要素は気にならないほど内容が面白い。

文章や文体にこだわりを持つ著者らしく、メディアや会話、文体などについての意見をはっきり語っていたり、出身である名古屋の話、長い下積み時代に半村良に世話になりっぱなしだったことなどがバラエティ豊かに書かれている。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 清水義範,