fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


日出ずる国の復権
日出ずる国の復権山下 義通
ダイヤモンド社 2007-04-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
プロフィット・ピラミッド―「超」高収益経営を実現する十四のシンプルな原則
ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!
チェンジ・ザ・ルール!
企業戦略論【上】基本編 競争優位の構築と持続
コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践 (ハーバード・ビジネス・セレクション)

著者がちょっと偏屈で説教じみた河童に扮して、これから日本が進むべき道を語っている本。

現代の主にアメリカ主導のグローバリズムやマネーゲームを批判しており、これからは東洋人によるシステムが求められるとしている。

具体的には多様性を認めるパラレルな国際社会、ナノやバイオを生かしたさらなるイノベーション、水素燃料の普及プロジェクトといったあたりで、さらには品格を重視した教育についても言及している。

どうやら日本に対して戦略性のなさを問題視しているようであり、私としてはこれも日本のある意味強みという気もしているのだが、ほどほどには戦略を持つことも必要だろう。
文章も平易で、まあ面白かった。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト