fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


プリズンホテル〈4〉春 (集英社文庫)
プリズンホテル〈4〉春 (集英社文庫)
浅田 次郎
集英社 2001-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
プリズンホテル〈3〉冬 (集英社文庫)
プリズンホテル〈2〉秋 (集英社文庫)
プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫)
三人の悪党―きんぴか〈1〉 (光文社文庫)
血まみれのマリア―きんぴか〈2〉 (光文社文庫)

ヤクザだらけのホテルで繰り広げられる物語である、プリズンホテルシリーズの完結編。

清子と結婚した孝之助が日本文芸大賞にノミネートされ、その後継母の富江が姿を消すところから始まる。今作では他にシェフの服部の出戻り問題や、伝説の老侠客の52年ぶりの出所などいくつもの人生をからめており、これまでの作品同様バラエティ豊かな内容になっている。

あくの強い人物だらけなので何事も起こらないわけはなく、最後の大団円に向かって突き進んでいく。
ああ面白かった。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 浅田次郎,