fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


O・ヘンリー・ミステリー傑作選 (河出文庫)
O・ヘンリー・ミステリー傑作選 (河出文庫)
O・ヘンリー (著), 小鷹 信光
河出書房新社 1984-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
O・ヘンリ短編集 (3) (新潮文庫)
オー・ヘンリー傑作選 (岩波文庫 赤 330-1)
O・ヘンリ短編集 (2) (新潮文庫)
O・ヘンリ短編集 (1) (新潮文庫)
100 Selected Stories (Wordsworth Classics)


「最後の一葉」や「賢者の贈り物」などで知られる短編小説の名手による、犯罪がらみの短編を集めた作品集。

「二十年後の再会」や「とりもどされた改心」、「あやつり人形」など、他の作品集にも収録されたような作品の他、ホームズをもじった探偵ものや独特の犯罪哲学を持つ詐欺師ジェフ・ピーターズのシリーズもあって面白い。



にほんブログ村 本ブログへ


FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? 利回り100%の外貨投資戦略
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?  利回り100%の外貨投資戦略
松田 哲
技術評論社 2007-02-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ ~FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード
FXの教科書
投資で浮かぶ人、沈む人
今すぐ始めるFX―5人の個人投資家が明かす勝利のルール
着物トレーダーを卒業せよ陳満咲杜の為替の真実

FXの心構えというか投資哲学的なところを論じている本。

FXをやるのに向いた季節や向かない季節、損切りの重要性など、負けが込みそうな時や調子に乗りかけた時に気をつけておくべきことが書かれていて非常に参考になる。



にほんブログ村 本ブログへ

謎を読み解く日本史真相推理謎を読み解く日本史真相推理

小林 久三 (著)
日本実業出版社 1999-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

聖徳太子や明智光秀、西郷隆盛など、主に歴史上の敗者とされる人々にまつわる謎を、虐げられてきた勢力があったという仮説を元に推理している歴史読み物。

古代に新羅から渡ってきて鉱業や工業、武術、芸能などに優れた能力を持ちながらも、大和の勢力に追われて隠れ住んできた人々が日本史上の英雄たちを支えたという文脈で書かれていて、息抜きに読む分にはそこそこの内容かと思う。


にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 小林久三,

松永弾正〈下〉 (中公文庫)
松永弾正〈下〉 (中公文庫)
戸部 新十郎
中央公論新社 2002-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦国BASARA2 オフィシャルコンプリートワークス (カプコンオフィシャルブックス)

松永弾正久秀を描いた歴史小説の下巻。

久秀の貢献もあって畿内を支配するに至った三好家だが、その後のビジョンの不明確さ、長慶の長男や弟たちの相次ぐ死などにより徐々に没落の傾向を見せ始める。
当主の長慶も衰えが目立つようになり、これまで以上に久秀が表に立って活動を余儀なくされていく。

他の本ではいかにも主家乗っ取りの悪人というイメージで語られることの多い久秀だが、本書ではわりと長慶に忠実な家臣として描かれていて、厚みのある構成となっていたのがよかった。



にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 戸部新十郎,