fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


松永弾正〈下〉 (中公文庫)
松永弾正〈下〉 (中公文庫)
戸部 新十郎
中央公論新社 2002-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦国BASARA2 オフィシャルコンプリートワークス (カプコンオフィシャルブックス)

松永弾正久秀を描いた歴史小説の下巻。

久秀の貢献もあって畿内を支配するに至った三好家だが、その後のビジョンの不明確さ、長慶の長男や弟たちの相次ぐ死などにより徐々に没落の傾向を見せ始める。
当主の長慶も衰えが目立つようになり、これまで以上に久秀が表に立って活動を余儀なくされていく。

他の本ではいかにも主家乗っ取りの悪人というイメージで語られることの多い久秀だが、本書ではわりと長慶に忠実な家臣として描かれていて、厚みのある構成となっていたのがよかった。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 戸部新十郎,