fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


凡将家康 天下取りの謎―独創性のない男が、なぜ覇者になれたのか (ノン・ブック)凡将家康 天下取りの謎―独創性のない男が、なぜ覇者になれたのか (ノン・ブック)

武光 誠
祥伝社 1999-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


家康をさほど才能はないが人をまとめるのがうまいタイプの人物と定義し、彼がどのようにして天下を取ったのかを論じた本。
家康が天下を取った背景に、前身の松平氏が勢力拡大する中で家臣団の結束力が強まった事や家康がここ一番で辛抱する事ができた事を挙げている。

また、日本人に多く見られるタイプを、
  • 武断型:織田信長
    (正義感の強い善人、金八先生や寅さんなどもこのタイプ)
  • 智謀型:豊臣秀吉
    (おだて上手の人気者、プロ野球の名監督に多い)
  • 堪忍型:徳川家康
    (日本的なリーダー、中小企業の社長や小学校の校長に向く)
  • 独創型:坂本龍馬
    (新規事業開拓に向く)
  • 沈着型:勝海舟
    (好奇心旺盛、様々なことを身につけることを好む)
の5つに分類しているのが面白かった。


[三傑を扱っている作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 武光誠, 徳川家康,