fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



半村 良 (著)
光文社 (1998/4/1)


江戸時代初期、金山開発で徳川家の財政を支えた大久保長安の事跡を講談調で語った歴史小説の上巻。

他の本ではしばしば長安が秦氏系の人物であるかのように書かれているものがあるが、本書ではなぜかイスラム教徒だったために本国から追放されたスペイン人の子孫だったという設定で書かれている。

他にも山人として蔑まれてきた産鉄族のネットワークや忍者も登場して、裏側から見た戦国時代といった趣で講談が進んでいく。

上巻としては、関ヶ原合戦の際に豊臣家に忠義を尽くす曾呂利忍者と、徳川方の伊賀忍者・甲賀忍者などとの死闘が繰り広げられるところで終わる。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 半村良,