fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


あのころの未来―星新一の預言
あのころの未来―星新一の預言
最相 葉月
新潮社 2003-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
星新一 一〇〇一話をつくった人
猛女とよばれた淑女―祖母・齋藤輝子の生き方
最後の陪審員 下巻 (3) (新潮文庫 ク 23-24)
あやつられた龍馬―明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン
赤めだか

星新一のショートショートから、インターネットやゲノムといった現代の状況を振り返り人間にとっての幸福とは何だろうかと論じたエッセイ集。

以前読んだショートショートが出てきて懐かしく感じる反面、著者の感想がこじつけっぽくなっているものも多くあまり面白くない。
あくまで作品は作品、それぞれの感想があるので、感想文的なエッセイが面白くないのは仕方ないのかもしれないが。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 星新一,