fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


臥竜の天 上 (1)
臥竜の天 上 (1)
火坂 雅志
祥伝社 2007-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
臥竜の天―長編歴史小説 (下)
軒猿の月
覇王の番人 上
覇王の番人 下
軍師の門(上)

伊達政宗の生涯を描いた歴史小説の上巻。

冒頭、父・輝宗が敵にさらわれてしまい、政宗が非情の決断に迫られるシーンから始まる。

その後葦名や佐竹といった周囲の敵との戦いを経て奥羽の半分近くを領有するにいたるが、当時北条を攻めていた秀吉への勝ち目が薄いことを見定めてその配下に入る事にする。
結果として領土をたびたび減らされるが、旧領で一揆を起こさせて牽制役として送り込まれた蒲生氏郷との駆け引きを繰り広げる。

その後朝鮮出兵に参加してなすところなく帰るも、まだ野心を捨てていないところで上巻が終わる。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 火坂雅志,