fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


鎌倉繚乱―神の血脈
鎌倉繚乱―神の血脈
伊藤 致雄
角川春樹事務所 2007-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
神の血脈
蜻蛉切り―兵庫と伊織の捕物帖 (ハルキ文庫 い 8-2 時代小説文庫)
吉宗の偽書―兵庫と伊織の捕物帖 (ハルキ文庫 い 8-1 時代小説文庫)
超人ロック エピタフ (1) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
神様のパズル (ハルキ文庫)

異星人(?)から重大な使命とそれを果たしうる絶大な能力を与えられた乾一族の活躍を描いたSF小説である、 『神の血脈』 の鎌倉時代編。

平安時代の院政期、異星人(?)の使いでカラスの姿を借りたヨサムは150年ほど後に蒙古の襲来があることを予測し、その時期に日本がそれを防ぎうる武力を持つように調整をするよう、当時の乾家当主であった憶良に依頼する。

乾家では憶良を始めとして娘の綾と光、孫の弥一、曾孫の小弥太と代々にわたって後白河法皇、頼朝、義経、比企能員、北条泰時といった要人たちを導き、日本が武家政権として武力をつけていくよう働きかけていく。

前作よりもタイムスパンを長く取っている関係から乾家の主役が移り変わり、それぞれが個性を発揮しつつ妙に人間くさいヨサムと掛け合いをやっていくので、家系のつながりが実感しやすい。
アクションシーンの描写はあまりうまくないが、妙に思った伏線が後で生きてきてあっと思わされる点、歴史好きがニヤリとしそうなエピソードもあり、続編が出れば読みたいと思わせてくれる。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 伊藤致雄,