fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


銅像めぐり旅―ニッポン薀蓄紀行 (祥伝社文庫)
銅像めぐり旅―ニッポン薀蓄紀行 (祥伝社文庫)
清水 義範
祥伝社 2006-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
幸せになる力 (ちくまプリマー新書 78)
早わかり世界の文学―パスティーシュ読書術 (ちくま新書 712)
MONEY (徳間文庫)
新 アラビアンナイト (集英社文庫)
一日の終わりに50の名作一編 (成美文庫 し- 8-1)

歴史上の人物の銅像をキーとして、その人物と建っている都市の関わりなどさまざまなうんちくを語っている旅行エッセイ。

伊達政宗と仙台、武田信玄と甲府といったよく知られている組み合わせよりも、ヘボンと横浜やティムールとサマルカンド、太田道灌と東京といったややマイナーと思われる章の方が新たな知見が得られて面白い。

また、著者とアシスタントとして旅に同行する奥さんとの掛け合いも楽しい。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 清水義範,