fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


虎よ、虎よ! (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2) (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2)
虎よ、虎よ! (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2) (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2)
アルフレッド・ベスター (著), 寺田克也 (イラスト), 中田 耕治 (翻訳)
早川書房 2008-02-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
分解された男 (創元SF文庫)
非(ナル)Aの世界 (創元SF文庫)
ハローサマー、グッドバイ (河出文庫 コ 4-1)
地獄のハイウェイ (ハヤカワ文庫 SF 64) (ハヤカワ文庫 SF 64)
蒸気駆動の少年 [奇想コレクション] (奇想コレクション)

テレポート能力が普及した結果として治安が悪化してしまっている時代、宇宙で難破して通りかかった船に見捨てられた主人公が復讐に燃えるという設定の長編SF。

宇宙船ノーマッド号の乗組員だったフォイルは敵国にノーマッド号を撃墜され、奇跡的に生き残り船の残骸から救助を待つことになった。
やがてヴォーガ号がフォイルの出した信号に気付き近づいてきたものの、結局見捨てられてしまいフォイルは何としても生き延びてヴォーガ号関係者に復讐することを決意する。その後小惑星帯の住人たちに拾われるが、そこで虎のような文様の奇怪な刺青をされてしまう。
結局そこからも逃げ出すことに成功したフォイルは、フォーマイルと名を変えて復讐への向けた活躍をしていくことになる。

かなり狂った感じの世界やキャラクター設定はアクが強くてあまり好みではないが、テンポの良いストーリー展開や読者を無理やり引き込む何かがあって独特の魅力を出している。

50年以上前に書かれた古典であるが、使用した道具がジョウントと呼ばれるテレポートやテレパシー、テレキネシスといった超能力であったためか驚くほど古びておらず現代でも十分通用するものになっている。

石ノ森章太郎の『仮面ライダー』や『サイボーグ009』でも刺青や加速装置といった設定を使っていることやこの作品に影響を受けたと公言するSF作家が多いこと、多分椎名誠のSFにも本書に似た感じの設定が見られることなどからも国内外のSFに与えた影響は大きかったようである。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト