fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


株主代表訴訟 (幻冬舎文庫)
株主代表訴訟 (幻冬舎文庫)
牛島 信
幻冬舎 2000-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
株主総会 (幻冬舎文庫)
MBO―マネジメント・バイアウト (幻冬舎文庫)
買収者(アクワイアラー) (幻冬舎文庫)
逆転 リベンジ (幻冬舎文庫)
社外取締役 (幻冬舎文庫 う 2-6)

いまいち認知度の低い監査役が、商法で規定される最大の範囲で活動したらどこまでできるかをテーマとした企業法律小説。

ワンマン会長とその愛人に公私混同で支配されている百貨店の赤木屋で監査役を務める水上は、ある日30万株以上の株主の代理人と称する人物の接触を受ける。
そこで「監査役の義務として取締役を訴えなさい。さもないとあなたも義務を怠っていて同罪なので訴える」と要求を受け、悩みつつも会長を始めとする取締役たちを相手に株主代表訴訟に参加することになる。

会社と取締役が対立した場合は監査役が会社を代表することや、監査役は必要とあれば調査費を会社に一方的に請求できることなど、監査役というポジションが適切な場を与えられれば本当は強大な権力があるという点がわかって興味深い。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 牛島信,