読んだ本の感想をつづったブログです。


光の帝国―常野物語 (集英社文庫)
光の帝国―常野物語 (集英社文庫)
恩田 陸
集英社 2000-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫 お 48-5)
ネバーランド (集英社文庫)
月の裏側 (幻冬舎文庫)
ねじの回転―February moment (上) (集英社文庫)
ねじの回転―February moment (下) (集英社文庫)

何事も忘れない記憶力や予知能力、空を飛ぶ能力といった超能力を持ち、それでいて権力からは離れてひっそりと暮らしている”常野”(とこの)の人々を描いた連作。
サブタイトルからは柳田國男の『遠野物語』や、日本神話でスクナヒコナが帰った常世国(とこよのくに)を連想させられる。

記憶を”しまえる”春田家の人々や長命なツル先生、未来を予知できる美耶子など穏やかで優しい人々が登場し、あたたかさともの哀しさが基調として流れている。

シチュエーションとしては 『神の血脈』 『産霊山秘録』 に似ているが、これらとは違って日常的な感じの中で物語が展開し、雰囲気のよさが印象に残る。

続編として以下の長編があるので、読んでみることになるかもしれない。


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

イリーガル・エイリアン (ハヤカワ文庫SF)
イリーガル・エイリアン (ハヤカワ文庫SF)
Robert J. Sawyer 内田 昌之
早川書房 2002-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ターミナル・エクスペリメント (ハヤカワSF)
さよならダイノサウルス (ハヤカワ文庫SF)
フレームシフト (ハヤカワ文庫SF)
スタープレックス (ハヤカワ文庫SF)
ゴールデン・フリース (ハヤカワ文庫SF)

異星人が被告として裁かれる殺人事件の裁判を描いたSFミステリー。

アルファ・ケンタウリから異星人のトソク族が地球を訪れ、ファースト・コンタクトはまずまず順調になされた。
しかし滞在先の施設で地球人の惨殺死体が発見され、当時の状況からトソク族の一人が容疑者として逮捕されるという事態が発生する。
滞在地がアメリカのカリフォルニア州だったために裁判は陪審制で行われることになり、大統領の科学顧問であるフランクは、弁護人に黒人の公民権がらみの事件に強い弁護士を雇って前代未聞の裁判を闘っていくことになる。

トソク族の生態の描き方のうまさや裁判でのトソク族と検察官の落語のような掛け合い、そして後半に見られる急展開など、ソウヤー作品の特徴がよく出ていて面白く読むことができた。

ただ、読んでいて陪審制はあまりいいシステムではないように感じ、裁判員制度も効果が期待できるものではないと考えている。

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : ロバート・J・ソウヤー,

まもなく宇宙人が到着します
まもなく宇宙人が到着します田村 珠芳

ハギジン出版 2007-05
売り上げランキング : 46500

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
これから宇宙人が救いにきます―UFO搭乗、あなたはできる人?できない人? 意識の次元上昇(アセンション)がカギ
アセンションはもう始まっています
世界を変えるNESARAの謎―ついに米政府の陰謀が暴かれる
夢(ムー)アセンション予定表―あなたはまもなく天使に変身する
まもなく地球は優良惑星になります―天使からの贈り物 (5次元文庫 ヒ 1-1)

宇宙人が人類を助けて高い段階に引き上げてくれ、これまで世界を支配してきた秘密結社のイルミナティとそのメンバーであるブッシュやチェイニーが失脚するという予言を行っている本。
系統的には江原啓之のスピリチュアルな本に近い。

空気中から無尽蔵にエネルギーを取り出すフリーエネルギー装置があればいいと思うが、クラークの『幼年期の終わり』のような人類の未来は、すでに旧世代に属するであろう立場からするとあまり楽しくない。

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))
「幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))」
 [文庫]
 著者:アーサー・C・クラーク
 出版:早川書房
 発売日:1979-04
 価格:¥ 819
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ

はじめてわかる国語 (講談社文庫)
はじめてわかる国語 (講談社文庫)清水 義範

講談社 2006-02-16
売り上げランキング : 207146

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
いやでも楽しめる算数 (講談社文庫)
どうころんでも社会科 (講談社文庫)
おもしろくても理科 (講談社文庫)
もっとどうころんでも社会科 (講談社文庫)
飛びすぎる教室 (講談社文庫)

清水義範:文、西原理恵子:イラスト、という構図で書かれるお勉強エッセイシリーズの国語編。

今回は清水が教員免許をもっている専門ともいえる国語が題材として扱われており、国語教育の問題点や日本語の変化、漢字のややこしさといったことが書かれていて言いたいことの多さがうかがえる。

国語は高度なことを教えようとしているがそれがうまくできているかは別問題とか、正解に至るプロセスが不明瞭などといった点も述べられていて納得する。

また、西原理恵子のイラストは本書のものがシリーズの中では最も面白いと思った。


にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 清水義範, 西原理恵子,


5年前に購入したノートPCが、少し前から負担のかかる作業(と言ってもDVDを観るなど)をしていると突然電源が切れる障害が起こってきて、2週間前くらいになってメールチェックくらいでも落ちるようになってしまった。
ハードかソフトかはともかく、スペック的に頭打ちになってきたのも一因であり、起動できなくなる前に移行しようと考えて思い切って新しいものを購入することにした。

基本的に従来通りの使用しか考えておらず、元々持っていたソフトの動作も考慮してOSはVistaではなく最後のXPで、メーカーは前から慣れているエプソンダイレクトということで以下の仕様で購入した。
ちなみに、価格は送料込みで約\83,000となる。

機種    : Endeavor NJ1000
CPU   : Intel Core Duo T2300
メモリ   : 1GB
HDD   : 40GB
ドライブ  : コンボドライブ
OS    : WindowsXP Home

OSは従来通りでスペックがかなり上がったものにしたため、買ったばかりとはいえ快適に動作していてまずまず満足できている。
気に入らない点は、PCカードスロットが右の手前にあることで、PHSカードをさすとマウスを使いにくいくらいか。




blogram投票ボタン