FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
出演: 福山雅治, 柴咲コウ
ポニーキャニオン 2009-03-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ICHI スタンダード・エディション [DVD]
ガリレオφ [DVD]
おくりびと [DVD]
ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]
レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

一昨日の1日、『容疑者Xの献身』を観に行った。
東野圭吾の直木賞受賞作が原作で、フジテレビで福山雅治主演のドラマ化された『ガリレオ』の演出にて製作されており、ドラマ版が面白かったので観る気になった。

ドラマの原作となった『探偵ガリレオ』『予知夢』は読んでいたが本作は原作を読んでおらず、先に読んだ方がいいか少し考えたが、読む前に上映が終わると後悔するためとりあえず先に映画を観ることにした。
※DVDだとどうしても集中して観れないので、特に観たいものは映画館で観たい。

知らなかったが毎月1日は映画の日ということで料金が一律1,000円ということでかなり得した気分になった。
車をとめた駐車場で、駐車券を持っていけば『ICHI』の上映されている映画館だと割引になると知り心が動いたが、『ICHI』にしなくて良かった。映画の日はどうせ割引が効かないだろうから・・・

内容としては主人公で物理学教授の湯川(福山)が、大学時代の友人で高校教師を務め数学の天才でもある石神(堤真一)が作り上げたトリックに挑むというもので、石神が隣人の靖子(松雪泰子)への思いゆえに転落していく物悲しいストーリーとなっている。

展開が重いためにドラマ版のようなコミカルさ(湯川が突然数式を黒板に殴り書きするようなシーンなど)はないが、代わりに短編では出にくい重厚さを楽しめる内容だった。
特に変人の湯川を演じる福山よりも、人嫌いの数学者・石神を演じる堤真一の演技のうまさが印象に残った。堤真一だとイケメンでミスキャストになる危険が高いにも関わらず、猫背でとぼとぼと歩く石神のうらぶれた感じがかなり良かった。

また、冒頭のシーンで後になって重要な伏線となる部分があり、少し気になっていたが最後にそれが分かり、いい意味でやられたー!悔しいー!という感じを受けた。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 東野圭吾,