FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


図で考える人は仕事ができる (日経ビジネス人文庫)
図で考える人は仕事ができる (日経ビジネス人文庫)
久恒 啓一
日本経済新聞社 2005-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
図で考える人の図解表現の技術―思考力と発想力を鍛える20講
「図で考える」ことができる人、できない人
実践!仕事力を高める図解の技術 すべては図解思考でうまくいく
図で考えれば文章がうまくなる (PHP文庫 ひ 31-1) (PHP文庫 ひ 31-1)
図で読み解く!ドラッカー理論

図で考えたり表現したりすることの有用性を論じている本。

3年ほど前に購入したが、初めの方を少し読みかけて飽き、ままそのままになっていた。
それが先日病院にインフルエンザの予防接種を受けに行く際に、待合室で読んでみようかとふと思いつき、結局1時間30分くらいあった待ち時間内に読み終えた。
最近仕事術や自己啓発めいた本をしばしば読んでいるため、比較的理解しやすかったのかもしれない。積読の効用とはこういうところにあるのだろうか。

図で考えることで考えを整理したり見直すことで新たな発見をしたり、さらには相手を説得するのにも使えるなど図の効用がいくつも書かれている。
図で分かりやすく表すにはたくさん図を描いてみることとあり、地道な努力が必要なのはまあ仕方ない。

箇条書きの問題点にも言及してあり、ポイントを列挙しているだけでそれらの関係性が表現できずないために思考停止に陥りやすいことを理由としている。当ブログでも箇条書きはしばしば用いているが、さすがに毎回図解した画像をアップしていくのは手間なので今のままでいく。

図の良さが感じられ、図で考えることをこれまで以上に心がけようと思った。



[著者の他の作品]



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト