fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


「世界地図」の意外な読み方―ニュースの本音が見えてくる! (青春新書INTELLIGENCE)
「世界地図」の意外な読み方―ニュースの本音が見えてくる! (青春新書INTELLIGENCE)
正井 泰夫
青春出版社 2006-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
いま平和とは―人権と人道をめぐる9話 (岩波新書)
ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)


世界地図を用いさまざまな事象を解説している本で、世界地理の授業や世界情勢のニュースで、もう少し踏み込んで知りたいような内容が書かれている。

  • アメリカやオーストラリアで首都選定でもめた経緯
  • 国によって国旗の縦横比がまちまちなこと
  • クルド人やロマ人(ジプシー)、サン族(ブッシュマン)などの少数民族や部族の話
  • 東欧やアフリカ、コーカサスでの領土問題の内容
  • イスラム教やキリスト教内でも宗派によってさまざまな複雑な事情が存在すること
など、知っているようでよく知らないことが多く、気軽に役立つ雑学を得ることができる。
特にフィジーでマジョリティなのがインド系だったり、マダガスカルがマレー人の影響が強いこと、コモロ諸島にフランス領の島が1つあることなどが興味深かった。

それぞれの項目が2~3ページとコンパクトにまとめてあり、空き時間に読むことができ理解しやすい。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト