fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


日本人の知らない日本語
日本人の知らない日本語
蛇蔵&海野凪子 (著)
メディアファクトリー 2009-02-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
声に出して笑える日本語 (光文社知恵の森文庫)
かわいいころを過ぎたら
日本人なら知らないと恥ずかしい“難解漢字” (宝島SUGOI文庫)
天ぷらにソースをかけますか?―ニッポン食文化の境界線 (新潮文庫)
日本人の知らない日本語

国内で活躍する日本語教師による、生徒たちとのやり取りを4コマ漫画と日本語表現の解説で軽妙につづっているコミックエッセイ。

一見珍妙に感じられるやり取りから日本語表現の成り立ちが分かったり、普段間違った言葉遣いをしていることに気付かされたりと、笑ったりしながらも学ぶところがあり楽しく読むことができた。

平安時代にできた表現を当時のギャル語と例えてみたり、日中で漢字の意味が違う理由として中国の書物に書かれたものを推定で意味を当てはめたためということなどがそうした箇所であり、日本語が変化を続けてきた言葉であることがよく感じられた。

日本と海外の風習にまつわるやりとりも面白いところで、時代劇好きでサムライ言葉が抜けないスウェーデン人や細かな日本語表現に真剣になりすぎるように感じられる英国人、どうしても文章を詩的な表現で書いてしまう中国人など、生徒たちのキャラクターも愛嬌が感じられて好感が持てる。

こうした表現方法や風習の違いをあるものとして認め、戸惑いながらも懸命に生徒たちを教えていく凪子先生のユーモアや包容力のある人柄が感じられ、いい人なんだろうと想像している。

近々続編が発行されるので、ぜひこれも購入して読みたいと思う。




[仲里依沙が主演を務める、本書のドラマ版]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト