fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21 A 86)
野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21 A 86)
野村 克也 (著)
角川グループパブリッシング 2008-08-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
野村ノート
負けに不思議の負けなし〈完全版〉 上 (朝日文庫)
弱者の兵法 野村流 必勝の人材育成論・組織論
負けに不思議の負けなし〈完全版〉 下 (朝日文庫)
あぁ、監督 ――名将、奇将、珍将 (角川oneテーマ21)


読んだのが『エースの品格 一流と二流の違いとは』『野村ノート』に続いて3冊目となるノムさん本。
近所の古本屋で100円で販売されていたものを購入した。

本書を読んで印象的な部分としては、自分ができるのはここまでという自己限定から脱し、成長のために気付くことの重要性、そしてそれらを導き可能性を引き出すのが指導者の責務であるといったところであり、他の本と重なるところはあるが相変わらず読みごたえがる。

例として南海時代の江夏・江本・門田の”三悪人”からヤクルト時代の飯田、吉井、川崎、高津ら、阪神では遠山、そして執筆時監督だった楽天ではマー君に山崎、嶋などを指導したエピソードが書かれており、具体性があるので興味を持って読みやすい。

特に面白いのが山崎とのやり取りで、山崎がノムさんの話に感心したことに対してノムさんの方が逆にそれらを知らずに成績を残してきた山崎に驚くシーンは何度読んでも笑ってしまう。

また、オーソドックスなスライダー投手だった吉井や遠山がシュートを覚えて成績を伸ばしたことを考えると、ロッテから横浜へ移籍した清水投手がシュートを習得したというニュースがあり、そのシュートがモノになればけっこう勝つのではないかとちょっと期待している。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 野村克也,