fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


桶狭間 信長の深謀・義元の誤算桶狭間 信長の深謀・義元の誤算

柘植 久慶 (著)
PHP研究所 2004-01-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

傭兵の経験がありミリタリーものの著作の多い柘植久慶による、桶狭間の合戦をドキュメンタリー風に描いている本。
先日読んだ加藤廣著『空白の桶狭間』が面白かったので、近いテーマの本ということで図書館で借りた。

基本的な合戦の解釈としては織田軍が谷間で休憩中の今川軍を急襲したという定説に沿ったものとなっているが、信長が予定戦場のシミュレーションを行い、丸根や鷲津、善照寺などの砦をえさに今川軍をおびき出す戦略を立てて実行したのではないかということに重点が置かれている。

今川軍の忍びがあちこちに入り込んでいることも考慮に入れて、秘密裏に非情だが着実に捨石を打ち続けることで油断を誘い、今川義元のいる本隊が右翼に位置するように仕向けるというプロジェクトが塩野七生のような歴史ドキュメントなのか歴史小説なのか判然としない筆致で描かれており、まあまあ面白かった。

一般に知られている題材で読みやすいこともあり、一晩で読み終えることができた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 織田信長,