fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


ドラッカーに先駆けた 江戸商人の思想
ドラッカーに先駆けた 江戸商人の思想
平田雅彦 (著)
日経BP社 2010-05-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
都鄙問答 経営の道と心 (日経ビジネス人文庫)
実践するドラッカー【思考編】
近江商人の理念―近江商人家訓撰集
現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)
[新版]男の服装術 スーツの着こなしから靴の手入れまで


学者たちの著作や商家の家訓を中心として、江戸商人の思想を紹介・解説している本。

石門心学で知られる石田梅岩による『都鄙問答』、天文学者の西川如見による『町人嚢』、武将から禅僧に転身した鈴木正三の『四民日用』、そして三井家、住友家、鴻池家といった商家に伝わる家訓などが紹介され、実践的な内容に驚かされる。

勤勉、倹約(吝嗇とは厳しく区別している)、教育、正直などの徳目が書かれており、先日読んだ『スマイルズの世界的名著 自助論』と共通している部分が多い。
『自助論』が明治時代に中村正直によって『西国立志編』として翻訳されベストセラーになったのも、江戸商人のそうした思想と合う部分が多かったからではないかと思わされた。

例えば三井家の二代目による話をまとめた『町人考見録』では大名から借金を踏み倒されての倒産の事例が多く紹介されているそうで、いい加減な経営を戒める意味ではかなり効果的だったと思われる。

人材登用については、イマイチと思われる人にも異能があるかもしれないので先入観にとらわれないことや、むしろ10のうち9が良くて1が悪い人の方が大事をしでかす恐れがあるので要注意というあたりはポイントを押さえていると感じた。

欧米でアダム・スミスは『国富論』での「神の見えざる手」という言葉ばかりが独り歩きして道徳はあまり重視されていないイメージが持たれがちだが、『国富論』の前に書いた『道徳感情論』において”徳への道”と”財産への道”という言葉を使って徳の重要性を語っていることが書かれている。
また、『国富論』と『都鄙問答』を比較するとお客様が中心という観点があるところに『都鄙問答』が優れている部分があるとしている。

他にも経営哲学や道徳に関する事例や格言が多く収録されていて興味深い。
江戸時代の思想としてはどうしても朱子学や陽明学と言った武士中心の思想に偏りがちだが、経済の中心を担った商人の思想というものもそれらに劣らず重要だということを再認識した。




にほんブログ村 本ブログへ

「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール (ブルーバックス)
「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール (ブルーバックス)
藤沢 晃治 (著)
講談社 2002-10-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「分かりやすい表現」の技術 (ブルーバックス)
「分かりやすい文章」の技術 (ブルーバックス)
「分かりやすい教え方」の技術(ブルーバックス)
「分かりやすい話し方」の技術―言いたいことを相手に確実に伝える15の方法 (ブルーバックス)
分かりやすい図解コミュニケーション術


先日読んだ『「分かりやすい表現」の技術』が役立つ内容だったため、その続編である本書も読むことになった。

内容としてはタイトル通り、プレゼンテーションなどで聞き手にいかに分かりやすく説明するかというポイントを語ったもので、前作同様に要を得たものとなっている。

副題にある15のルールは、基礎編7つと応用編8つから構成されている。

話すスピードや間の取り方、知識のギャップや自明だと思いこむ落とし穴など、自らを振り返って改善した方がいいところがいくつも思い当たる。
職場で人に何かを説明する際にもどかしい思いをすることがあるが、説明する内容を整理し切れていないからなのだろうと再認識した。

そして自分だけでなく、これまでに学習意欲を失わせてくれた教師や講師の何人かに読ませたい気持ちにもなった・・・

最終章では15のルールのチェックポイントがまとめられており、学んだ記憶を定着させるために1日1回、10日間音読をすることを勧めている。
少々面倒な気もするがリターンは大きいので、実行に移すことにした。



にほんブログ村 本ブログへ

ほっとする禅語70
ほっとする禅語70石飛 博光 渡会 正純
二玄社 2003-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
続 ほっとする禅語70
ほっとする論語70
老子・荘子の言葉100選―心がほっとするヒント (知的生きかた文庫)
無という生き方―禅・心にしみる226語
ふっと心がかるくなる禅の言葉 (コスモ文庫)


書家の石飛氏による書と、曹洞宗僧侶の渡会氏による解説から構成される禅語集。

  • 日々是好日(にちにちこれこうじつ)
  • 心頭を滅却すれば火も自ずから涼し
のようないかにも禅らしき言葉から、
  • 春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえてすずしかりけり
  • 月は青天に在り 水は瓶にあり
  • 一花五葉を開く
のような風流な感じの言葉、
さらには
  • 一期一会
  • 老婆心
  • 主人公
  • 工夫
  • 不可思議
といった禅語由来とすら意識せずに使用している言葉までが収録され、そのこころが解説されていて興味深い。

禅というのが言葉の限界を前提とした考え方なので、どれほど感じられるかがポイントと思われるが、心の持ちようの重要性が多く書かれているようだった。

この中の言葉をいくつか覚えておき、ここぞというところで使いこなせればかっこいいと思う。

そう言えば、いくつかのブログタイトルが禅語から取られたものであることも初めて知った・・・



にほんブログ村 本ブログへ

間違いだらけのビール選び (講談社文庫)間違いだらけのビール選び (講談社文庫)

清水 義範 (著)
講談社 2001-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




清水義範による、日常の中から発生するちょっとした笑いやほろ苦さを描いた短編集。

ビール好きの主人公が銘柄の味による違いに悩む表題作の他、
  • 定年後に庭いじりを趣味とした主人公が猫のふんに悩まされる「猫の額」
  • 別荘を人に貸したことから会話が始まる「雨」
  • 多忙な年末を過ごした後、正月にちょっとした静かさにとまどう「家内安全」
  • 何を考えているのか分からない小学五年生の少年にとまどう「空白の頃」
  • 娘が祖母と母の関係にうっすらと気づく「二人の女」
  • 健康診断から話が展開するサスペンスの「ブラッド・ゾーン」
  • 声優が自身と異なるキャラクターを演じることに思うところがある「私の中の別人」
  • ちょっと古い青春劇の「青空の季節」
  • 生物学者が無人島で少女と出会う「島の一夜」
  • 日本在住の長い外国人が初めてのテレビ出演に緊張する「本番いきま~す」
の11作が収録されている。

著者の小説の中ではやや地味だが、地味さゆえの面白さがにじみ出ていて楽しめる。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 清水義範,

はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法
はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法
リー・コープランド (著), 宗 雅彦 (翻訳)
日経BP社 2005-11-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテスト
ソフトウェアテスト293の鉄則
現場の仕事がバリバリ進む ソフトウェアテスト手法
基本から学ぶソフトウェアテスト―テストの「プロ」を目指す人のために
体系的ソフトウェアテスト入門


『知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテスト』を読む前に購入し、読みかけていたソフトウェアテストの本。
ホワイトボックステストやブラックボックステストなどの各テスト技法について細かく書かれている。

翻訳ものであるためかあまり読みやすいとは言えず、最初に読む本としてはあまり向いていないように思う。

ただし、技法そのものは多く紹介されており、この中から自らが実施しようとするテストに合った技法を選定していくのがいいだろう。
この中ではデシジョンテーブル(テストパターンをチェックする表)が最も役立った技法であり、現在もしばしば使用している。



にほんブログ村 本ブログへ