fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


間違いだらけのビール選び (講談社文庫)間違いだらけのビール選び (講談社文庫)

清水 義範 (著)
講談社 2001-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




清水義範による、日常の中から発生するちょっとした笑いやほろ苦さを描いた短編集。

ビール好きの主人公が銘柄の味による違いに悩む表題作の他、
  • 定年後に庭いじりを趣味とした主人公が猫のふんに悩まされる「猫の額」
  • 別荘を人に貸したことから会話が始まる「雨」
  • 多忙な年末を過ごした後、正月にちょっとした静かさにとまどう「家内安全」
  • 何を考えているのか分からない小学五年生の少年にとまどう「空白の頃」
  • 娘が祖母と母の関係にうっすらと気づく「二人の女」
  • 健康診断から話が展開するサスペンスの「ブラッド・ゾーン」
  • 声優が自身と異なるキャラクターを演じることに思うところがある「私の中の別人」
  • ちょっと古い青春劇の「青空の季節」
  • 生物学者が無人島で少女と出会う「島の一夜」
  • 日本在住の長い外国人が初めてのテレビ出演に緊張する「本番いきま~す」
の11作が収録されている。

著者の小説の中ではやや地味だが、地味さゆえの面白さがにじみ出ていて楽しめる。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 清水義範,