読んだ本の感想をつづったブログです。



日付記事タイトル
2010/09/29小室直樹氏の逝去を悼む
2010/09/28 『サイドバー・パーツ大全―ブログをカスタマイズする』
2010/09/27『先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!』
2010/09/26『残念な人の思考法』
2010/09/25『NOVA 2---書き下ろし日本SFコレクション』
2010/09/24 『語り合うにっぽんの知恵』
2010/09/23『石田梅岩に学ぶ-日常凡事に心を尽くす』
2010/09/22『気になる部分』
2010/09/21『ガンダムの常識 宇宙世紀モビルスーツ大百科(ジオン軍篇)』
2010/09/20『学校では教えない日本史』
2010/09/19『マキャヴェリの経営語録―人を動かす「かけひき」の科学』
2010/09/17『読書について』
2010/09/16『街道をゆく 1 湖西のみち、甲州街道、長州路ほか』
2010/09/15『一晩置いたカレーはなぜおいしいのか-誰もが知ってる料理の知られざるサイエンス』
2010/09/14『ランズバーグ先生の型破りな知恵』
2010/09/13『淋しいのはお前だけじゃな』
2010/09/12 『『論語』の知恵でキリッと生きる』
2010/09/11『すぐに稼げる文章術』
2010/09/08『殴るぞ! 1』
2010/09/06『ゼロ年代SF傑作選』
2010/09/05『街道をゆく 43 濃尾参州記』



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

9月4日に評論家の小室直樹氏が死去されたというニュースに接し、これまで著作を2冊読んでいたので少し驚いた。

小室氏についてはあまりよく知らなかったが、ニュースによると1980年にソ連崩壊を予言した「ソビエト帝国の崩壊」という作品を著したことなどで知られ、戦後を代表する天才と評されているすごい人物だったとのこと。

これまで読んだ著作からは、少し上から目線で偉そうな語り口がちょっとうっとうしいと感じる反面、宗教や論理、哲学といった複雑な対象について多くの背景から明快に説明され、かなりの知性と教養の持ち主だという印象を持っていた。

著作は多数におよび、中でも『信長 ー近代日本の曙と資本主義の精神ー』に関心があり、そのうち読んでみたいところである。

ご冥福をお祈りいたします。
合掌。



[小室氏の作品]

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 小室直樹,

サイドバー・パーツ大全―ブログをカスタマイズするサイドバー・パーツ大全―ブログをカスタマイズする

武井 一巳
メディアテック出版 2005-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サイドバーに設定するブログパーツを130種類以上にわたり掲載されているガイドブック。

ブックオフでの価格は1,150円となっていたが、先日の20周年大感謝祭ということで単行本500円均一の日だったため500円で購入した。

さまざまな種類のブログパーツが掲載されていて、少なくともあまり使ったことのない人には役立つ内容だと思う。

ただし、これまで色々とブログパーツについて調べており、知っているものも多かったりして使いたいブログパーツはあまりなかった。
買い物としてはちょっと失敗だったようだ。


[比較的新しい類書]
ブログパーツコレクション
「ブログパーツコレクション」
 出版:春日出版
 発売日:2008-09
 価格:¥ 1,365
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ

先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!
先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!
小林朋道
築地書館 2010-04-17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
先生、子リスたちがイタチを攻撃しています!
先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学
先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!
タゴガエル鳴く森に出かけよう! -トモミチ先生のフィールドノート (Think Map 5) (ThinkMap)
犬部!


『先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!』から始まる、鳥取環境大学の動物行動学者による大学での動物との関わりをつづったエッセイシリーズの4作目。

  • カエルやイモリが脱皮した皮を食べる話
  • 学生とともに実施した、スナガニが巣穴をどのように掘っているかの研究
  • 貝に足をはさまれたちょっと情けないイモリ
  • 成長しすぎたエボシガイや羽アリを襲うヒメハマトビムシなど、砂浜で見つけた珍しい生態
など、今回も多くのエピソードが語られて面白く読み進むことができる。

また、シリーズの『先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!』でも書かれていたモビング(動物が天敵に一定の距離まで近づいて牽制などの防衛行動をとること)の話も出ており、今回は小鳥のホオジロが天敵のイタチにモビングしていたことが書かれている。
このなかで著者は、人間が火事や事故の現場に野次馬として集まるのも一種のモビングではないかという仮説を立てているのが興味深い。

それから、このシリーズでは定番となっているヤギ部(学内でヤギを飼って世話をする部活)ネタも健在で、今回は一頭のヤギが想定外のジャンプをして柵を飛び越えて著者を苦しめる話が出ており、このあたりの話は心なごむ。

他にもノーベル賞を受賞した動物学者コンラート・ローレンツの研究手法についての話なども書かれており、著者の自慢と自虐を織り交ぜた軽妙な語り口もあって今回も楽しむことができた。



[ローレンツの代表作]
ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)
「ソロモンの指環―動物行動学入門
(ハヤカワ文庫NF)」

 著者:コンラート ローレンツ
 出版:早川書房
 発売日:1998-03
 価格:¥ 777
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 小林朋道,

残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)
残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)
山崎将志
日本経済新聞出版社 2010-04-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
リーダーが忘れてはならない3つの人間心理 (Forest2545Shinsyo 10) (フォレスト2545新書)
本質をつかむ思考法
プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策
伝える力 (PHPビジネス新書)
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義


努力をしても成果が出ない人において陥りがちな、仕事についての考え違いなどを指摘して、それから脱するヒントを自身や知人の経験をもとに語っている本。

最も印象に残ったのは意識改革が叫ばれがちな風潮に対し、

  • 意識に注目するのではなく、「行動」の変革に取り組まなければならない
  • というところで、これは石田梅岩の心学や陽明学のような儒教、それから禅宗などで言っていることにも通じていると思う。

    他にも、
    • やりたいことはやりたくないことから見えてくる。
      その手段として、やりたくないことリストを書き出してみる。
    • レスポンスのスピードなど、タイミングの重要性
    • ゴールの見える話し方や行動を心がけること
    • 選択と集中、優先度の付け方
    といったところが参考になった。

    Amazonのレビューでは批判的なものが多いようだったが、少なくとも私はそれほど嫌いではなくけっこう役立つところがあったと思う。

    あと、各章の初めに名言が収録されていて、その中のローマ皇帝マルクス・アウレリウスによる『自省録』の言葉が興味深かったので、そのうち読んでみようかと考えている。



    自省録 (岩波文庫)
    「自省録 (岩波文庫)」
     著者:マルクスアウレーリウス
     出版:岩波書店
     発売日:2007-02
     価格:¥ 735
     by ええもん屋.com

    [著者の他の作品]



    にほんブログ村 本ブログへ