FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


イスラエル―ユダヤパワーの源泉 (新潮新書)
イスラエル―ユダヤパワーの源泉 (新潮新書)
三井 美奈
新潮社 2010-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
イランはこれからどうなるのか―「イスラム大国」の真実 (新潮新書)
企業買収の裏側―M&A入門 (新潮新書)
中国の地下経済 (文春新書)
安楽死のできる国 (新潮新書)
日本人のための戦略的思考入門――日米同盟を超えて(祥伝社新書210)

読売新聞の特派員による、現地での取材を元にイスラエルの政情や歴史的背景などについて書かれている本。

まずはイスラエルがアメリカと軍事同盟を結んでいないにも関わらずアメリカの協力を得ていることや、その背景としてのアメリカ国内でのユダヤ・ロビーの活動について書かれている。
ユダヤ・ロビーはカネと票で議員に圧力をかけ、反ユダヤとされる大物議員を失脚させてアピールすることもたびたびである。
このあたりを読んでいくと、アメリカを動かすにはどうすればいいかという権力論のケーススタディにもなりそうに思えた。

ただ、基本的にアメリカのユダヤ・ロビーはタカ派なのでイスラエルからすると援助自体はありがたいが力で解決する方向の主張で中東和平の障害になる面もあるとのことで、なかなか複雑である。

イスラエルが国際的に非難を浴びても武力闘争を続けている背景には、これまでユダヤ人がたどった歴史が影響している。
(キリストもユダヤ人だが)キリストを殺したというレッテルを貼られて迫害や虐殺を受け続け、頼った国に裏切られるなどの経験から、外国は基本的にどこも信用できないという考えとなっている。

そのため、やられる前に攻めるという政策が採られがちで、これまでイラクやシリアで核施設建設を察知して空爆したり、情報機関のモサドによる危険と判断した人物の暗殺といったテロも辞さない。

ただ、右傾化してこうしたやり方が多くなり、ハマスなどパレスチナ人武装組織との戦いの連鎖はずっと続くばかりか、若年層で兵役忌避や人材の流出などといった問題が発生していることも書かれていて、この地域の問題は想像以上に難しいことが分かる。

他にもイスラエルの歴代首相の軍における実績や、リクードのような右派が政権を握っている時の方が案外和平が進められるという逆説、シオニズム運動の流れやイスラエル建国の事情、全人口の四割を占めるアラブ系イスラエル人の問題など多くの事柄が書かれ、驚くことも多かった。

[関連作品]

にほんブログ村 本ブログへ

アフィリエイトツール大全 (三才ムック VOL. 252)
アフィリエイトツール大全 (三才ムック VOL. 252)
三才ブックス 2009-05-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
副業革命! 寝てても月10万円儲かる自動ツールCD-ROM付(CD-ROM付)
アフィリエイトで<得する>コレだけ!技 BEST100
グーグル・アドセンスの歩き方―収益が飛躍的にアップする最適化の必須テクニック
モバイルSEO勝者のバイブル
アフィリエイトの神様が教える儲けの鉄則50

アフィリエイトで役立つツールを紹介している本で、付録にフリーソフトや有料ソフトの試用版が収められたCDがついている。
アフィリエイトはこれまで多少調べていたもののツールの実情は知らなかったために昨年購入していた。

読んでみるとSEO対策や自動記事作成ツール、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)の商品紹介を簡略化するためのツールなどが収められていて、とりあえず数は多い。

ただし内容はともかく沢山の記事やサイトを量産してアクセスを稼いでいくという手法のためのツールが多く、気持ちのいい方法とは思っていないため、残念ながら使いたいものはあまりなかった。

まあどのようなツールが出回っているのかや、こうしたツールがけっこういい値段しているということなどが分かったことくらいは読んだ価値があったかもしれない。


[三才ブックスの他の作品]

アフィリエイトならリンクシェア

にほんブログ村 本ブログへ

消された日本史―その空白部を掘る (廣済堂ブックス)消された日本史―その空白部を掘る (廣済堂ブックス)
(1978/01)
宮崎 惇

商品詳細を見る

日本史の史料に書かれた奇妙な出来事について、現代的な解釈を試みている作品。

縄文時代の遮光器型土偶が宇宙人だったのでは?という話から始まり、聖徳太子、役行者、服部半蔵、天海僧正ら有名人たちに超能力が備わっていたのではないかという話、それからポルターガイストや謎の怪人、怪物などのエピソードについて書かれている。

例えば、家康が住んでいた駿府城の庭に肉人と言われる謎の怪物が出た話については宇宙服を着た宇宙人だったのではないかとしていて、まあそうかもしれないしそうでないかもしれないというところである。
肉人を捕まえることができないでいる話を聞いた家康は”別に悪いことをしたわけでもないので、人のいない山に追い出せ”と指示したらしく、リアリストの家康らしいと感じた。

他にも飯縄の法という妖術に凝ったことで有名な細川政元や、修行の末に透明人間になることに成功したが戻れなくなって崩御されたことにされた清和天皇、江戸初期の大老・酒井忠勝には抱いただけで動物や人間を動けなくしたり病気を治す能力を持つ弥五郎という家臣がいたなど、荒唐無稽にも感じられるが面白い。

怪物が宇宙人だった可能性、人体におけるある種の異常さは突然変異で説明できなくもない場合、神隠しや天狗のしわざというのは異次元に入ってしまったのでは?というあたりが書かれているが、さすがに説得力まではない。

古い本で、ブックオフにて105円で販売されていたのを購入して読んだが、思った以上に楽しむことができた。

[著者がクリエイターとして関わっている作品]
真田幸村 アンコール刊行
「真田幸村 アンコール刊行」
 [コミック]
 著者:横山 まさみち
 出版:講談社
 発売日:2009-11-18
 価格:¥ 550
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ

PARKER JOTTER ジョッター フライター ボールペン S1140312PARKER JOTTER ジョッター フライター ボールペン S1140312

PARKER

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先日仕事でお世話になっている方からこのボールペンをプレゼントとしていただき、愛用するようになった。
パーカーといえば万年筆のイメージしかなく、ボールペンもあることは知らなかった。

文房具はせいぜい数百円くらいまでのものを使用する場合が多く、こうしたやや高級なタイプの製品を自分で購入する可能性はあまりないため、プレゼントとしていただくのはかなり嬉しい。

最初見た時は少し細いようにも感じたが、使い出してみるとほどよい重量感となめらかな手触りがしっくりくるのか書きやすい。
飽きのこないデザインということもあり、長く使うことができそうである。

仕事中にメモを取ったり考えをまとめるために落書きをしたり、気付いたことの日記をつけたりしていてボールペンは1年に1本くらいは使い切ってしまうが、替芯も販売されているのでこの点でも安心して使用できる。

[本製品の替芯]


blogram投票ボタン

街道をゆく 20 中国・蜀と雲南のみち (朝日文庫)
街道をゆく 20 中国・蜀と雲南のみち (朝日文庫)
司馬 遼太郎
朝日新聞出版 2008-12-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
街道をゆく〈19〉中国・江南のみち (朝日文庫)
街道をゆく〈17〉島原・天草の諸道 (朝日文庫)
街道をゆく〈25〉中国・ビンのみち 朝日文庫
街道をゆく〈28〉耽羅紀行 (朝日文庫)
街道をゆく〈22〉南蛮のみち 1 (朝日文庫)

司馬遼太郎の紀行シリーズの第20作で、四川省・雲南省への旅について書かれている。
前作である江南のみちに続いての中国の旅で、考古学者の森浩一氏らが同行している。

著者たちが最初に訪れる四川省の省都である成都周辺は三国志の舞台として知られる蜀の地で、当然三国志関連の話が出てくる。
その中では三国志の著者である陳寿が蜀の出身だったために蜀びいきで書かれたと思われるところや、諸葛孔明が劉備にとっていい家臣だったのと以上に劉備が孔明にとって自身の策を受け入れてくれるいい主君だったという話、孔明は実は法家思想で厳しい政治を行いつつも清廉な人柄で人気が続いてきたというすごさなどについて書かれているのが面白い。

また、紀元前である戦国時代に秦の太守だった李氷(りひょう)によって都江堰(とこうえん)という名のダムが建設され、現在に至る2000年以上もその恩恵を受け続けているという話にはかなり驚いた。

蜀との関連で知られる人物としては、唐代の詩人である杜甫についても触れられている。
杜甫は官吏登用試験に合格できずに不遇の生活を送ったというイメージがあるようだが、実際に働いたことはほとんどないという。
どうやら昔の中国にいた知識人階級というのは官僚になれない場合、働いたら負けかなと思ってる人たちのようで、この点日本より年季が入っている・・・

他には現地在住の温という歴史研究家との会食では、フィールドワークも重視する立場の森浩一氏がすぐに温氏は文献のみで歴史を語るタイプだと気付いたためにまともに議論する気をなくすところがきっちり書かれていて、先日読んだ森氏の著作とあまりに符合していたので笑ってしまった。

蜀に続いての雲南での旅では、イ族というタイ系の少数民族の話が多く、著者は江南や日本に稲作を伝えたのが彼らの祖先なのではないかということを書いている。
また、この地で出土した漢の時代における「滇王之印」の話や、雲南は実は高原のためか照葉樹林帯ではなく針葉樹林帯だったという事実、それから明代に永楽帝の命令でマダガスカルまでの大航海を行った鄭和が雲南出身というエピソードなどが書かれていてこれらの話も興味深い。

街道をゆくシリーズは著者の知人に関する話や自身の昔話などに少々まどろっこさを感じないでもないが、さまざまな歴史雑学や想像が書かれているところがいい。
他のシリーズもさらに読んでいくつもりである。



[三国志関連では定番と思われる作品]

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 司馬遼太郎, 街道をゆく,