fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


街道をゆく 9 信州佐久平みち、潟のみちほか (朝日文庫)
街道をゆく 9 信州佐久平みち、潟のみちほか (朝日文庫)
司馬 遼太郎
朝日新聞出版 2008-10-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
街道をゆく 7 甲賀と伊賀のみち、砂鉄のみちほか (朝日文庫)
街道をゆく 10 羽州街道、佐渡のみち (朝日文庫)
街道をゆく 8 熊野・古座街道・種子島みちほか (朝日文庫)
街道をゆく 12 十津川街道 (朝日文庫)
街道をゆく 11 肥前の諸街道 (朝日文庫)


司馬遼太郎の『街道をゆく』シリーズ第9作で、以下の4つの旅を収録している。
  • 「潟の道」 : 水浸しで農地に適さない潟を、大変な努力で水田にしていった農民たちのすごさと、それがあっさり宅地にされていることへの愚痴

  • 「播州揖保川・室津みち」 : 揖保川沿いの小さな集落をたどる地味な旅

  • 「高野山みち」 : 高野聖(こうやひじり)のいかがわしさとメディア的な役割を果たすなどの活動、宗派にとらわれない実利志向

  • 「信州佐久平みち」 : 山地と小盆地が交互に現れる地形がもたらした海野氏や望月氏など小豪族の歴史、そして木曾義仲や真田昌幸、御牧(馬の国営牧場)の話

この中では「高野山みち」における聖の活躍が面白かった。
空海の真言宗だけでなく、必要に応じて浄土宗の阿弥陀如来も使ったり空海や円仁といった高僧の伝説を作り上げたりするあたりが特に興味深い。
また、後鳥羽上皇が鎌倉幕府を呪うのにつかった真言宗の一派である、真言立川流のいかにも邪教と感じられるいかがわしさにも少し驚いた。

このシリーズでは、著者と同行者たちのノスタルジックトークや当時の土地バブルによる宅地造成ブームへの愚痴が多くなると大体面白くなくなる。
見所やネタとなる歴史が少ない地味な地域にその傾向が出てくるようで、今回は特にそれが顕著だった。

これまで読んだシリーズの中で、最もパッとしない作品だと感じた。
一定のレベルは維持しているとはいえ、最初に読むのはおすすめできない。



『街道をゆく』シリーズについて書いた記事
  • 『 1 湖西のみち、甲州街道、長州路ほか』
  • 『20 中国・蜀と雲南のみち』
  • 『 4 郡上・白川街道、堺・紀州街道ほか』
  • 『25 中国・びんのみち』
  • 『 7 甲賀と伊賀のみち、砂鉄のみちほか』
  • 『32 阿波紀行、紀ノ川流域』
  • 『19 中国・江南のみち』
  • 『43 濃尾参州記』


  • にほんブログ村 本ブログへ

    関連タグ : 司馬遼太郎, 街道をゆく,

    なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?
    なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?
    パコ・ムーロ (著), 坂東 智子 (翻訳)
    ゴマブックス 2007-06-05

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    関連商品
    なぜ、エクゼクティブはたやすくバンカーから抜け出せるのか?~どんな困難も乗り越えられる賢者の教え~ (なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?)
    なぜ、エクゼクティブは書けないペンを捨てないのか? (なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?)
    なぜ、エグゼクティブは大雨でもスコアが乱れないのか? (なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?2) (ゴマ文庫)
    どん底からの成功法則
    ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか


    13の寓話をもとに、ビジネス上の教訓を語っている本。

    少し前はそれなりに売れていたような記憶があり、近所の新古書店に100円で販売されていた文庫版を購入した。

    大まかに言えば、変化を読んで戦略的に対応していくことを主張している。

    他には部下の仕事は年齢や経歴で判断しすぎてはならないことや決断の重要性、部下の働きが悪いと感じる際は上司の管理も疑うべきといったことが書かれている。

    設定は多少異なるものの、いくつか内容が重複する話があるので13話もいらないような気がする。
    せいぜい10話くらいでいいように思うし、3作ほど出ている続編もあまり期待できそうにない。

    読みやすいのは読みやすいが、さほどひねりのある話でもないので、そこまで印象に残らなかった。







    にほんブログ村 本ブログへ

    独学のすすめ (ちくま文庫)
    独学のすすめ (ちくま文庫)
    加藤 秀俊
    筑摩書房 2009-11-10

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    関連商品
    独学の精神 (ちくま新書)
    取材学―探求の技法 (中公新書 (410))
    常識人の作法
    独学という道もある (ちくまプリマー新書)
    なんのための日本語 (中公新書 (1768))


    1970年代に女性誌で連載されていた学問や教育に関するエッセイをまとめた作品。
    30年以上経っての再版だが、一部の用語を除くと内容はほとんど古びていない。

    学校という教育形式はそれなりに有効と認めつつ、現在の学校の形はそこまで歴史が長いわけではないと語るところから始まる。
    そしてやる気や問題の立て方という要素を重視し、学校に通うことにこだわらずに独学で学習することも1つの方法ということで話が進む。

    特に生涯学習の重要性を説き、学習は就職してからも継続することが大切と語る。

    そして、
    • いい学校に進むという意識が社会全体で強すぎ、大学進学後にやりたいことが見つからないと嘆く学生が多い
    • 日本の教育が、個人のやる気や問題提起する力をつぶしがちなこと
    • 大学などで、学生や教授が移籍しづらいこと
    • 器用貧乏という言葉があるように、いくつかの専門を持つことを忌避する傾向
    • 問題には答えが何か以前に、答えがあるかどうかということが見落とされがちとなっている
    • 子供に学ぶことを押し付けるのは良くないとしつつ、それがないと興味の持ちようがないというジレンマ
    といった現代日本の教育における問題を指摘し、30年後の現在でも充分通じるものとなっている。
    出版当時はゆとり教育というものはなかったが、ゆとり教育の実態を知る限りではこうした視点はあまり顧みられなかったように思う。

    他にも以下のようなエピソードが語られているのが面白い。
    • 本を整理していたら、生きている間に積読している本を読むことはほとんど不可能という恐ろしい事実に気づいた
    • 専門家が難しい専門用語を使っている場で分かりやすい言葉に言い換えたところ、専門家に恐ろしい表情でにらみつけられた
    • 子供がテレビばかり見て本を読まないと言う教育ママに本を読んでいるかたずねると、当惑した表情をされた

    明確な主張を平易な文体で語っていて、早く読み終えることができる。
    学ぶのに遅すぎるということはないこと、学び続けることが大切なことを再認識でき、読んでいて勇気づけられた。




    にほんブログ村 本ブログへ


    教科書が教えてくれない裏忍者列伝―歴史的英雄たちは皆忍者だった!?
    教科書が教えてくれない裏忍者列伝―歴史的英雄たちは皆忍者だった!?我妻 正義
    笠倉出版社 2008-03

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    関連商品
    決定版 忍者・忍術・忍器大全
    忍者のすべてがわかる本 (PHP文庫)
    戦国忍者列伝―80人の履歴書
    忍者の大常識 (これだけは知っておきたい)
    忍びと忍術 (江戸時代選書)


    服部半蔵、藤林長門、百地丹波の伊賀三上忍の話や、空海、源義経、楠木正成、豊臣秀吉、徳川家康、松尾芭蕉といった歴史上の有名人たちが実は忍者の系統に属していたのではないかという話を紹介した歴史読み物。
    ほんだらけにて100円で販売されていたものを購入した。

    基調としては大和の天孫系に追いやられたまつろわぬ民たちが裏のネットワークを組織し、上記の人物はそれらを利用してのし上がっていったのではないかとするものである。

    空海の超人ぶりや真言密教が実は来世ではなく現世での利益を説いたという話、義経が鬼一法眼という怪人に忍術を学んだという説、秀吉のサンカ出身説など、定説と異なる説が紹介されていて興味深い。

    中でも『徳川家康は二人だった』でも描かれていた家康の入れ替わり説は、改めて読んでも興味をひきつけられる話だった。
    元ネタである明治時代に書かれた村岡素一郎著『史疑徳川家康』は絶版になったと思っていたが、一昨年に著者の外孫で直木賞作家の榛葉英治によって復刊されたことが分かった。
    刺激的な論考というのは確かなので、いずれ読んでみたい。

    ところどころ男色や平清盛の好色ぶりといったシモネタをノリノリで書いているようなところがちょっと微妙だが、まあまあ面白かった。




    にほんブログ村 本ブログへ

    エルゴノミクスキーボード トラックボール付き 400-SKB006エルゴノミクスキーボード トラックボール付き 400-SKB006

    サンワダイレクト

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    以前より気になっていたサンワサプライのトラックボール付きキーボードで、値下がりしていたのを知り購入した。

    宅配された実物を見て、サイズ自体が大きいこととキーのサイズがエルゴノミクス(人間工学)によってキーの大きさが一律でないことが第一印象だった。

    さっそくデスクトップPCに接続して使い出してみたところ、製品の売りであるトラックボールは反応がいまひとつでちょっと残念だった。
    特にネットサーフィンのようなマウス主体の操作には向いていないので、マウスとの併用は必要だと思う。

    ただしキーボード主体の作業、例えば文書作成中にちょっとマウスを使った作業をしたい場合などは指の近くにトラックボールがあると役立つことも多い。
    マウスでダブルクリックする操作が必要な場合も結構あるので、親指をちょっと動かせば済むのはありがたい。

    キーボード本体の機能としても、パームレストが一体となっていてキーもそれほど深くないので、キーが打ちやすくなり手首が疲れにくくなった。
    さすがエルゴノミクス対応といったところで、購入して最も良かった部分かもしれない。

    トラックボールの反応の鈍さは値下がり前に購入しているとかなり不満だったと思うが、失敗してもあきらめがつく価格に下がっていたのでさほど気にならなかった。

    おすすめするとまではいかないが、トラックボールの機能に期待しすぎなければそこまで悪い製品でもないと思う。




    blogram投票ボタン