fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)
クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)
西田 宗千佳
朝日新聞出版 2009-01-13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
今さら聞けないクラウドの常識・非常識 (新書y 223)
クラウド・コンピューティング仕事術 (朝日新書)
クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった
クラウドコンピューティング―技術動向と企業戦略
クラウド化する世界


クラウドという言葉が知られるようになって、比較的早い段階で出された本。

クラウド・コンピューティングを用いていると思われる代表的なサービスと、それまでになされてきた類似の構想と今回のクラウドとの違い、クラウドの課題と今後という構成で書かれている。

まずはGmailやiPhoneといった実際のサービスや機器を紹介し、Webを通してもインストールしたソフトと遜色ない操作性やハードの壁を越えたアクセスしやすさなどを具体的に解説している。
iPhoneなどは使用したことがないが、使っている同僚たちの反応を見ていると確かに便利そうだと感じさせられている。

次に、クラウドという概念が必ずしも新しく提唱されたものとは言えないという意見を紹介し、それまでに唱えられたオラクルの「ネットワーク・コンピュータ」やマイクロソフトの「ドットネット」との違いについて書かれている。
クラウドが従来と違う点としては、技術の進歩による操作性の向上とユーザーからの視点が強いこと、そして様々な技術が寄り集まってできた事などを挙げている。

最後に通信量やプライバシー保護、信頼性といったクラウドの不安点や、今後定着していくにあたっての課題、定着したらどのようなことが起こるかなどについて述べられている。

分かりやすくかつ簡潔に書かれていて、クラウドを知る上での入門書としてはなかなかいい作品だと思う。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト