fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


人間力を伸ばす珠玉の言葉―箴は鍼なり
人間力を伸ばす珠玉の言葉―箴は鍼なり
渡部 昇一 中山 理
モラロジー研究所 2011-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
中村天風に学ぶ成功哲学
アメリカ史の真実
「修養」のすすめ―人間力を高める
渡部昇一「マーフィーの成功法則」CDブック (マキノ出版ムック)
60歳からの人生を楽しむ技術 (祥伝社黄金文庫)


『知的生活の方法』や『日本史から見た日本人』など多くの作品を著している渡部昇一と、麗澤大学学長の中山理による対談。

副題の「箴は鍼なり」とは江戸時代の学者である佐藤一斎の言葉から取られている。

その佐藤一斎の他、貝原益軒、ゲーテ、ケプラーといった人物の箴言・名言を引いて、人間としての生き方や現在の日本社会の問題などを語っていく。

著者たちの経歴や、過去に印象に残った出来事、偉人のエピソードなどが多数引用されており、参考になる部分も多い。

両者とも英文学や英語学が専門ではあるが、他の分野の学問に対しても造詣が深く、すごみを感じる。

日本における漢文の読み下し方の独自性と重要性についても書かれており、言われてみると確かに外国の文章をこのような読み方をする例はあまり多くないように思う。

なるほどと思うところも多いが、基本的には成功者たちによる自慢と社会に対する愚痴に感じられるところもしばしばではある。

本文にも近いことが書かれているが、こうした内容はすぐに受け入れるというよりも、後になってからじわじわ効いてくるのだろう。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 渡部昇一,