fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


タイムスリップ戦国時代 (講談社文庫)
タイムスリップ戦国時代 (講談社文庫)
鯨 統一郎
講談社 2011-11-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
タイムスリップ釈迦如来 (講談社文庫)
タイムスリップ明治維新 (講談社文庫)
タイムスリップ水戸黄門 (講談社文庫)
タイムスリップ忠臣蔵 (講談社ノベルス)
タイムスリップ紫式部 (講談社ノベルス)


女子高生・麓うららが活躍するタイムスリップシリーズの第5作。
今回は戦国時代を舞台に、歴史を変えようとする悪人と戦うというストーリーとなっている。

第2作の『タイムスリップ明治維新』と構成が似ていて、それに登場した剣崎薔薇之介と石松の2人とともに、うららが戦国時代にタイムスリップすることとなる。

戦国時代では北条早雲、斎藤道三、毛利元就、織田信長といった戦国大名の史実を改変しようとするマフィア組織「むらさきの光」のエージェントたちの策謀に対し、うららたちは”ちょっとそれはどうなの?”という形で対抗していく。

時事ネタを随所に盛り込んでいるなど、シリーズの他の作品と同様気軽に読んでいくことができるが、完成度はほかに比べるといまひとつという印象だった。
既に多くの人々によってネタとして扱われてきた時代が舞台だっただけに、斬新さを出すのが難しかったのかもしれない。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 鯨統一郎,