fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


ST 桃太郎伝説殺人ファイル 警視庁科学特捜班 (講談社文庫)
ST 桃太郎伝説殺人ファイル 警視庁科学特捜班 (講談社文庫)
今野 敏
講談社 2010-11-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ST 為朝伝説殺人ファイル<警視庁科学特捜班> (講談社文庫)
ST警視庁科学特捜班 緑の調査ファイル (講談社文庫)
ST警視庁科学特捜班 黄の調査ファイル (講談社文庫)
ST警視庁科学特捜班 黒の調査ファイル (講談社文庫)
ST 沖ノ島伝説殺人ファイル 警視庁科学特捜班 (講談社ノベルス)


今野敏によるST(警視庁科学特捜班)シリーズの1冊で、今回は桃太郎の伝説で知られる岡山県を舞台としている。

東京、神奈川、大阪と異なる場所で殺人がなされ、死体の背中には”モモタロウ”という文字と一筆書きで書かれた五芒星のマークが描かれており、被害者は全て岡山県に何らかの関係があるということで、岡山県に捜査本部が設置される。
しかもこのところ成果を挙げ続けたということで、警察内部でも有名になってきたSTにも協力を要請され、係長の百合根をはじめとするSTのメンバーたち、そしてお目付け役の菊川警部補も岡山へ出張することとなる。

今回は通説で知られるのとは異なる桃太郎や鬼に関する伝説の話や、陰陽五行説などの少々マニアックな伝奇ネタが扱われるが、活躍するのは僧侶の資格を持つ山吹ではなくプロファイリング担当の青山というのが面白い。
普段は気まぐれですぐに”ねえ、もう帰っていい?”というのが口癖の青山だが、本書では悩みぬいたり感情的になるシーンが目立ち、普段とあまりに様子が異なるのが印象深い。

岡山県警の捜査本部を取りしきるのは次長の関本だが、キャリア組ということもあってか菊川としっくりいかなかったり、STの出動を要請した割に謎の言動をしているなど、いくつもの謎が事件に関係していく。

久しぶりにSTシリーズを読んだが、個性的な人物が多く登場するこの作品は面白いことを再認識した。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 今野敏, ST,