fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


幻魔斬り 四十郎化け物始末3 (角川文庫)
幻魔斬り  四十郎化け物始末3 (角川文庫)
風野 真知雄
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-04-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
百鬼斬り 四十郎化け物始末2 (角川文庫)
妖かし斬り   四十郎化け物始末1   (角川文庫)
女だてら 麻布わけあり酒場 (幻冬舎時代小説文庫)
王子狐火殺人事件―耳袋秘帖 (文春文庫)
未練坂の雪 女だてら 麻布わけあり酒場2 (幻冬舎時代小説文庫)


風野真知雄による、「からす四十郎」と呼ばれる浪人が化け物がらみとされる事件を解決していく時代小説シリーズの第3巻。

数々の化け物がらみとされる事件を解決してそれなりに報酬をもらうが、結核で臥せっている妻の薬代や息子の学費、嫁いだ娘の失敗などで借金に悩まされつづける四十郎は、かわらず化け物退治の依頼をこなしていく。
今回は下記の4作が収録されている。
  • 「骸骨の過去」
  • 「枕もとの人」
  • 「海坊主」
  • 「のっぺらぼう」

ミステリーの要素もあるのであまり細かく書かないが、医者のところで手伝いをしている娘のお多恵が新たに出てきたり、行きつけの飲み屋のおかみが2人から3人に増えたりと、連作ものながら変化がつけられている。

また、遠山の金さんこと南町奉行の遠山金四郎も出てきて、偽者の遠山桜を名乗る悪人探しを頼まれたりもし、前作・前々作同様に楽しめる。

著者はあとがきで、しばらくこのシリーズはお休みするようなことを書いているのは少々残念だが、本シリーズをお休みして書いたという『姫は、三十一』シリーズや、本書の主人公である月村四十郎の子孫にあたる『月村弘平の事件簿』シリーズも読んでみたい。



姫は、三十一 (角川文庫)姫は、三十一 (角川文庫)

風野 真知雄
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-12-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

東海道五十三次殺人事件 -歴史探偵・月村弘平の事件簿 (実業之日本社文庫)東海道五十三次殺人事件 -歴史探偵・月村弘平の事件簿 (実業之日本社文庫)

風野 真知雄
実業之日本社 2012-12-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 風野真知雄,