fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


退職刑事〈3〉 (創元推理文庫)
退職刑事〈3〉 (創元推理文庫)
都筑 道夫
東京創元社 2003-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
退職刑事〈4〉 (創元推理文庫)
退職刑事〈2〉 (創元推理文庫)
退職刑事 (1) (創元推理文庫)
ちみどろ砂絵・くらやみ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ〈1〉 (光文社時代小説文庫)
探偵は眠らない (光文社文庫―都筑道夫コレクション)


捜査一課に所属する刑事である五郎が、退職した元刑事の父親に事件の話をし、父親が推理することで展開される安楽椅子ものミステリー連作集の第3作。

本作では「乾いた死体」、「散歩する死体」、「料金不足の死体」など、死体の名のついた7作収録されている。
死体ということで、ダイイングメッセージや目撃者の証言などから、退職刑事が推理を展開していく。

大抵の場合は五郎の自宅でお茶を飲みながら推理するが、暴力団関係者が殺害された「大魔術の死体」では、捜査四課の刑事に退職刑事が話を聞きに行くということや、「料金不足の死体」ではミステリーのネタ切れ傾向を語るなど、変化が付けられている。

ミステリー評論家の新保博久氏の解説では、本作くらいから著者がこのシリーズを終わらせようか悩んでいたようなことが書かれているのも興味深い。

電話に交換手が必要なことや、携帯電話やネットカフェ、コンビニなどが登場しないあたりは時代の変化を感じた。
安定して楽しめるシリーズだと再認識した。



[著者の他の作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 都筑道夫,