fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。





故・星新一より和製フレドリック・ブラウンと称された草上仁によるSF短編集。
運の収支がなされるシビアになされる社会を描く表題作の他、下記の6編が収録されている。
  • 主人公が乗る宇宙船がある小惑星に不時着し、住民たちから「夜」や「天」が恐ろしいとの話を聞き、 徐々にその恐ろしさが分かってくる「夜を明るく」
  • 宇宙船の壊れた部分の補修に、意識を持つ材料を使用することでトラブルが続出する「セルメック」
  • 強靭な甲羅を持つカニそっくりな異星人とともに、以前その異星人の同族が植民したと思われる 惑星を探検する「割れた甲冑」
  • アンケート回答者が行方不明となる事件から話が展開していく「牛乳屋」
  • ロボットやクローン人間が登場する少々気持ち悪い童話の「可愛そうな王女の話」

これまでに読んだ草上作品の中では、普通よりやや下という感じの評価となった。
「夜を明るく」と「割れた甲冑」は面白かったが、表題作や「牛乳屋」、「可愛そうな王女の話」などはあまり面白くなかった。



5分間SF (ハヤカワ文庫JA)
草上 仁
早川書房 2019/7/18


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 草上仁,