fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


素材は国家なり ―円高でも日本経済の圧倒的優位は揺るがない
素材は国家なり ―円高でも日本経済の圧倒的優位は揺るがない
長谷川 慶太郎 泉谷 渉
東洋経済新報社 2011-10-13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
2014年〜 世界の真実 (WAC BUNKO)
2012年長谷川慶太郎の大局を読む(CD付)
これまでの百年 これからの百年【増補改訂版】
ニッポンの素材力
鉄人伝説 小説新日鐵住金


エコノミストの長谷川慶太郎と、半導体ジャーナリストの泉谷渉による、日本の素材産業のすごさ、そして日本経済がまだまだ良くなるということを語っている作品。

まず、素材としては最もポピュラーなもののひとつである鉄について、現行の鉄鉱石と石炭で鉄鋼を作る方法が今後大きく変わっていく話がなされている。

それは電炉を使用したり、鉄から銅を効率よく取り除く技術によって、スクラップから鉄鋼を作り出すというものである。
この技術が実用化および普及すると鋼材の値段が一気に下がるわけで、自動車産業や建設業、造船業など多くの産業が恩恵を得ることとなる。
一方でオーストラリアやブラジルといった資源国は大打撃を被るともあり、かなりの大変化である。

さらに、鉄骨を用いずに鉄筋コンクリートのみで高層建築を実現させつつあるとしり、これもかなり驚く。
鉄は基本的な素材だと思うので、日本の製造業を苦しめてきた原材料の高さという問題にかなり有効だと感じた。

また、超電導を常温で実現させる技術や、海水淡水化など水関連の技術、窒化ガリウムを使用した高性能の半導体やLEDなど、現在実現や普及に向けて開発中の技術が多く書かれていて興味深い。

原子力がものづくりに必要な安定した電力供給に最も向いていることも書かれていて、前首相の菅直人が苦し紛れに吹いた太陽電池の構想が、いかに思いつきレベルだったかが分かる。
次々と目先を変える発言をすれば国民を欺けるだろうという考えが実に卑しい。

ところどころ素材や企業名でよく分からないところもあったが、技術の動向や見通しが興味深く書かれていて、今後に明るさを感じさせる内容だったと思う。



[著者たちの作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 長谷川慶太郎,