fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


ヘンな日本美術史
ヘンな日本美術史山口 晃
祥伝社 2012-11-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
山口晃 大画面作品集
すゞしろ日記
藤森照信×山口晃 日本建築集中講義
山口晃作品集
山口晃が描く東京風景―本郷東大界隈


文章も上手い画家による、日本美術のヘンな一面を解説している作品。
このところ書店の美術関連のところで平積みにされていることを多く目にして気になったので、読んでみた。

扱われているのは『鳥獣戯画』や雪舟の作品、『伝・源頼朝像』、『洛中洛外図屏風』などの有名な作品から、河鍋暁斎や月岡芳年といった美術ファンから評価の高そうな絵師の作品、マイナーだが味のある作品など多数で、改めて日本美術の幅広さを感じる。

教科書に載っている絵はどうしても立派な作品という先入観を持ちがちだが、作者が微妙に替わっているところや、遠近法をあえて崩したような感じ、人間の顔のパーツをどれも正面から見たように描いているところなど、知らなかった鑑賞ポイントが書かれていて面白い。

特に印象に残るのは、西洋画の技法が入ってくるまでの日本の絵は見た人の印象に重点が置かれたような描き方だったのが、西洋画の写実的な技法に日本の絵師たちが苦労したエピソードについてである。
近代以降、西洋的な技法と従来の日本画の技法のせめぎ合いみたいなものが感じられ、日本の絵が西洋画を消化するには時間がかかるのかなとも思った。

あまり絵の技法について知らなくても楽しめたが、予備知識があればさらに楽しめる作品となっている。
著者のことも初めて知ったので、絵や著作をこれから見たり読んだりしたい。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト