fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


実伝 黒田官兵衛 (角川文庫)
実伝 黒田官兵衛 (角川文庫)
火坂 雅志
角川学芸出版 2013-05-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
誰も書かなかった 黒田官兵衛の謎 (中経の文庫)
軍師の門 上 (角川文庫)
軍師の門 下 (角川文庫)
黒田官兵衛 鮮烈な生涯 (歴史探訪シリーズ 13・晋遊舎ムック)
風の軍師 黒田官兵衛 (講談社文庫)


来年放送予定のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の主人公である黒田官兵衛(孝高・如水)に関する考察や対談を集めたアンソロジー。
編者の火坂雅志は官兵衛を主人公とした『軍師の門』の著者であり、他にも作家の安部龍太郎や童門冬二、黒部亨などの作家、そして元NHKアナウンサーの松平定知や実業家の村井勉など多くの人の作品が収録されていて、官兵衛が注目される人物であることが再認識される。

秀吉との関係や、荒木村重に囚われた頃の苦難、竹中半兵衛との絆、息子長政との微妙な関係、関ヶ原の合戦時の九州での活躍、キリスト教への帰依と多くのエピソードがあり、様々な角度から語られている。

この中では、九州征伐での活躍や、それにも関わらず警戒されて恩賞が少なかったことへの不満に思っていたと思われることについての話が印象に残る。
また、荒木村重に囚われてしまったことを機に、その謀略に深みや冴えが加わったのではないかという考察には少し考えさせられた。

それから、官兵衛に関する資料として知られるものは、黒田家に伝わる貝原益軒著『黒田家譜』、黒田藩出身で大日本帝国憲法起草に関わった金子堅太郎による『黒田如水伝』、そしてこちらも福岡藩出身で明治時代に活躍したジャーナリストである福本日南の『黒田如水』があるという。
この中でも福本日南の作品を考察した作品が収録されていて面白かった。

大河ドラマに便乗している作品だが、なかなか興味深い一冊だったと思う。



[黒田官兵衛を扱っている作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 火坂雅志, 安部龍太郎, 童門冬二, 黒田官兵衛,