fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官
警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官
梶永 正史
宝島社 2014-01-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
一千兆円の身代金
刑事小町 浅草機動捜査隊 (実業之日本社文庫)
自覚: 隠蔽捜査5.5
ゼロの迎撃 (「このミス」大賞シリーズ)
迷宮捜査


第12回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した2作品のうち1作で、捜査二課の女性警部補が、銀行強盗から始まる一連の大事件に挑む警察小説。

閉店間際の新世界銀行渋谷支店で銀行強盗が人質を取って立てこもり、犯人は捜査指揮官および交渉人に、捜査二課の警部補である彩香を指名してくる。
彩香は普段電卓を叩いて汚職事件の捜査を行う姿から「電卓女」と呼ばれていて、なぜ畑違いの担当に犯人から指名されるのか疑問に思いつつも任務に就く。

さらに、単なる銀行強盗なのに警視庁から吉田という警視長、SATから如月という狙撃手が現場に派遣されてきたり、刑事部長の野呂が警察庁の次長と官房長から会議室に呼び出されるなど、明らかに通常の事件ではないことが徐々に分かってくる。

彩香の直情的なキャラクターや、彩香の親代わりだった野呂との関係、吉田の飄々とした言動、彩香と反りは合わないが有能さを見せるSIIの後藤など、それぞれの人物が個性豊かに話を進めるのが面白い。

警察小説としては突っ込みどころが多いような気もするが、重い部分と軽い部分の書き分け方がうまく、思っていた以上に早く読み終わった。
著者の作品が他にも出たら、読んでみようと思う。



[本書の文庫版]
警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

梶永 正史
宝島社 2015-01-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[本書とともに第12回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した作品]
一千兆円の身代金一千兆円の身代金

八木 圭一
宝島社 2014-01-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト