fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


城壁なき都市文明 日本の世紀が始まる
城壁なき都市文明 日本の世紀が始まる
増田 悦佐
エヌティティ出版 2014-11-26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦争とインフレが終わり激変する世界経済と日本 (一般書)
「新しい日本人」が創る2015年以後
大局を読むための世界の近現代史 (SB新書)
[新装版]国難の正体 ~世界最終戦争へのカウントダウン
がんばれ!瀕死の朝日新聞


日本が発展している理由の一因に、都市が城壁で囲まれておらず自由に拡大することができたがあったと解説している作品。

ヨーロッパなどでは城壁で都市と郊外をはっきり区切り、外敵からの侵入を防ぐとともに、城内にいる領民の支配を徹底させてきたことが書かれている。
それが都市住民からすると郊外の住民に対して差別意識を持つことにつながり、物理的な城壁がなくなった後も心理的な城壁が存在し続けてきたという。

その一つが鉄道が都心にまで来ていないことで、例えばパリでは(軽視している郊外の人が無制限に流入しないように)郊外の鉄道と都心の地下鉄との相互乗り入れをさせないために規格を違うものにするという底意地の悪い設計をしていたと知り驚く。

こうした城塞都市群の中で例外的に城壁で囲まれていなくて自由に拡大できた都市が時代ごとの経済覇権を握ってきたとし、ヴェネチア、アムステルダム、ロンドンを挙げている。
湿地帯や干拓地だったり川の南岸が開けていたなど事情はさまざまだが、日本やオランダのように都市のつながりができないのは、城壁や都市間の戦争などのなごりがあるからといったことが書かれている。

元々城壁がなかったアメリカは当初は自由に発展する都市だったのが、自動車の普及が鉄道を押しやったことで富裕層や中間層が郊外に逃げ出す現象が発生し、ヨーロッパとは逆に都心部がスラム化してしまった事情を語っている。

それでは中国はという話になり、中国の城壁は実用よりも権威を誇示する意味合いが大きかったらしく、孔子がけなすくらい田舎の賢人が有能だったと知られていたり、宋代に都心から郊外にかけて繁栄していた話が書かれている。
ただ、アヘン戦争によるショックで、欧米崇拝に近い状態となりその伝統が崩れてしまったのが残念というニュアンスで書かれている。
ここでは東アジアの人々が欧米に比べて平和的、かつ指導者の選び方が適当と思われることから、安倍晋三、習近平、パク・クネ、金正恩の指導者たちのことを(二世・三世であることから)太子党四人組と呼んでいるのに笑ってしまった。

そして日本の話に移る。
縄文時代から外から来た人を歓迎したり男性がふらっと旅に出かけたがる文化があったことや、江戸時代に幕府が大商人ではなく庶民寄りの裁定を下すことが多かったこと、女性や子供の盛り場が多かったことで都市が発展したことなど、著者の『奇跡の日本史―「花づな列島」の恵みを言祝ぐ』などとも一部重なる日本の美点が書かれている。
他国の都市と比較すると、日本はやはりいい国なのだろうと改めて感じる。

本作でも多くの論点から興味深い内容が書かれていて、読んでよかったと思う。
参考文献でも関心を持った作品があったので、そのうち読んでみたい。



[参考文献に挙げられていた作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 増田悦佐,