fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


2015080910500000.jpg


先日東京を訪れた際、三菱一番館美術館で開催されていた「画鬼・暁斎—KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」展(2015年6月27日~9月6日)を観に行った。
これまで河鍋暁斎の作品が何作か展示されている特別展は観たことがあるが、暁斎をメインにしている展示は初めてでテンションが上がった。

この展示では暁斎と、彼に弟子入りして暁英と称した英国人のジョサイア・コンドルについて扱っている。
コンドルは建築関係のお雇い外国人として三菱一号館や鹿鳴館の設計をした他、東京駅を設計した辰野金吾など明治の名建築家たちを指導したことでも知られている。

コンドルの作品としては多くの建築の設計図の他に、日本画も多く展示されていて、日本の絵師の作品として紹介されても全く違和感がないものとなっていて少し驚く。

そして暁斎の作品では強烈なインパクトのある絵も多い一方で、狩野派の絵師というアイデンティティも強かったそうで、締まった風景画や美しい人物画などもあり、多才さを再認識することになる。

以前読んだ『河鍋暁斎絵日記: 江戸っ子絵師の活写生活』で扱われている絵日記も展示されていて、実物を観るのはおそらく初めてなのでけっこう興奮した。
暁斎はコンドルの自宅に毎週訪れて指導していたことから、コンドルも「コンデール君」として多く登場しているのも楽しかったので、物販コーナーで河鍋暁斎記念美術館が出している『暁斎絵日記の中のコンデル』という冊子(650円)を購入した。

好きな画家の一人である暁斎の作品を多く観ることができ、充実した体験だったと思う。


※上に掲載している画像は、撮影OKだった河鍋暁斎『惺々狂斎画帖』のパネルを撮影したもの。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 河鍋暁斎,