読んだ本の感想をつづったブログです。


情報の強者 (新潮新書)
情報の強者 (新潮新書)
伊藤 洋一
新潮社 2016-02-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
学者は平気でウソをつく (新潮新書)
個人を幸福にしない日本の組織 (新潮新書)
考具 ―考えるための道具、持っていますか?
情報を活かす力 (PHPビジネス新書)
【完全ガイドシリーズ138】 ビジネス書完全ガイド (100%ムックシリーズ)
アイデアのちから
いますぐ書け、の文章法 (ちくま新書)
カウンターから日本が見える 板前文化論の冒険 (新潮新書)
プレゼン資料のための正しいデザイン ビジネスを成功に導くレイアウトの技術
本物の英語力 (講談社現代新書)


経済評論家の伊藤洋一による、多くの情報がやり取りされる現代でいかに自分にとって不要な情報を捨て、役立つ情報を思考に役立てられるかという方法を解説している作品。

まず、テレビ、新聞、ネットなど、さまざまなメディアにおける長所と短所を分かりやすく対比している。
例えば構成上テレビのニュースは一定のサイクルで繰り返されるために1日に何時間も見る必要はないこと、偏向報道などで叩かれることが多い新聞なども情報が一定のルールで整理されているという点は捨てがたいということ、ネットの弱点は情報の価値に応じて扱いを変えづらいことなど、言われてみればという感じの話が多い。

情報のさばき方として、テレビのニュースは重要なものから初めてだんだん「暇ネタ」になっていく逆三角形の構造になっているので最初の方だけ見ればいいことや、毎年恒例の行事などは情報の価値が極めて低いことなどが書かれているという話も思い当たる。

また、関連情報ばかり追いすぎてはいけないこと、「快楽情報」ばかりを見るのはいけないことという部分については、ついついやってしまうことを自覚していて、直すことはできないだろうが多少は気をつけたい。

後半では、集めた情報を関連付けてループを作る方法について書かれている。
ここではさまざまな種類の情報を集めて異質な部分を脳の中で組み合わせたり、意識して得た情報を処理するなど、参考になる部分が多い。

そして情報を集めるだけでは効果に限度があり、アウトプットすることでその価値を上げることが書かれている。
方法の1つにブログを書くことがあり、当ブログでも気になっていたり身近なエピソードがあれば本などの情報と関連付けて書くようにしていて、なかなかいい方法であることを再認識できた。

著者がラジオNIKKEI第1で伊藤洋一のRound Up World Now !という30分の番組をやっていて、ポッドキャストで聴くことができることを知ったのも、本書を読んでいて良かった点である。
著者の論調は比較的まともであるように感じられるので、時々聴いてみることにしたい。

方法によっては合わないものもありはするが、情報の処理について考えさせられること、参考にしたいことなどが多かったので、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 伊藤洋一,