読んだ本の感想をつづったブログです。


いとしのムーコ(1) (イブニングKC)
いとしのムーコ(1) (イブニングKC)
みずしな 孝之
講談社 2012-04-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
いとしのムーコ(2) (イブニングKC)
いとしのムーコ(3) (イブニングKC)
いとしのムーコ(4) (イブニングKC)
いとしのムーコ(5) (イブニングKC)
いとしのムーコ(6) (イブニングKC)
いとしのムーコ(7) (イブニングKC)
いとしのムーコ(8) (イブニングKC)
いとしのムーコ(9) (イブニングKC)
いとしのムーコ(10) (イブニングKC)
卓上カレンダー付き いとしのムーコ(10)限定版 (プレミアムKC イブニング)


『ササキ様に願いを』や『サボテンキャンパス』などの作品でも知られるみずしな孝之による、柴犬のムーコの視点から描かれるほのぼのとした感じの漫画。
以前たまたまテレビアニメで観た記憶があったので読んでみた。

ムーコは山奥で吹きガラス職人である「こまつさん」の飼い犬で、善意からこまつさんに喜んでもらおうとあれこれ行動を起こすが、こまつさんに伝わらずに怒られたりするという展開になることが多い。
がっかりしながらも立ち直りも早いムーコとこまつさんの組み合わせが楽しい。

続けて読み進めたいほどはまったわけでもないが、雰囲気はいいので時間つぶしにちょっと読む分には悪くないと思う。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト