読んだ本の感想をつづったブログです。


地政学リスク―――歴史をつくり相場と経済を攪乱する震源の正体
地政学リスク―――歴史をつくり相場と経済を攪乱する震源の正体
倉都 康行
ダイヤモンド社 2016-04-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
貨幣の「新」世界史――ハンムラビ法典からビットコインまで
新政権で米国はこう変わる! トランプ解体新書 (日経BPムック 日経ビジネス)
グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書)
日本人として知っておきたい「世界激変」の行方 (PHP新書)
問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書)
現代の地政学 (犀の教室)
国際情勢の「なぜ」に答える! 地政学入門
世界経済大乱 (日経プレミアシリーズ)
12大事件でよむ現代金融入門
増補版 なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?―――日本人が知らない本当の世界経済の授業


金融業界で長年活躍してきた人物による、投資を行う上での地政学のリスクについて具体的な例を挙げて分かりやすく紹介している作品。

紛争や対立には民族や宗教、イデオロギーに起因すると思われるものもあるが、本書ではそれらが顕在化するのは経済的な要因、例えば格差の拡大、資源の価格変動、インフレによる生活物資の高騰などがあるためだとしていて、「衣食足りて礼節を知る」とか「恒産なくして恒心なし」といった言葉を地で行く感がある。

書かれた時期が昨年の春ということでブレグジット(英国のEU離脱決定)やトランプ大統領誕生、韓国の混乱などは反映されていないが、例えば下記の話が日本であまり報道されない部分を含めてよく書かれていると思う。
  • シリアのアサド政権、反政府勢力、ISの戦闘をめぐる、欧米、ロシア、トルコなど関係各国の利害が調整できない事態と、それに乗じたISの脅威
  • シェール革命によって輸出国に転じたアメリカ、石油価格の下落に苦慮するサウジアラビアやロシア、アメリカからの制裁解除によって石油の輸出を増やしつつあるイランなど、石油をめぐる各国の駆け引き
  • 中国が国内の不満をそらすために中央アジア方面と海洋の2方面に進出を図っていることと周辺諸国との対立

国際情勢では予想もしていなかった事態が突然発生することがあり、これをブラックスワン(存在しないと思われていた黒い白鳥の出現)というらしく、それらが発生するとしたらどこでどのように起こるか?という例を考察しているのも興味深い。

政権基盤が磐石と思われていたところが揺らいだり、友好関係と思われていた関係が崩れるパターンが多いようで、このあたりを読み切ることは不可能に近いだろうが、何が起こるかわからないということだけは心に銘記しておく必要があるのかもしれない。
アメリカのラムズフェルド元国防長官による、「Unknown Unknown」(知らないことすら知らない)という表現も印象に残る。
(あと2つあって、それは「Known Known」と「Unknown Known」)

投資だけでなくニュースの見方に役立つ内容が多く書かれていて、非常に興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト