読んだ本の感想をつづったブログです。


渋沢栄一 巨人の名語録 日本経済を創った90の言葉 (PHPビジネス新書)渋沢栄一 巨人の名語録 日本経済を創った90の言葉 (PHPビジネス新書)

本郷 陽二
PHP研究所 2012-11-17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


渋沢栄一による90の言葉を、1つ当たり見開き2ページで紹介している作品。

代表作の1つである『論語と算盤』のタイトルにもあるように、利益を上げることと人々のために貢献することは両立可能だという話が多く扱われている。

道徳には商業も他の分野と区別するものではないとしていたり、変に昔を美化する風潮への反論、自分のことばかりを優先する人はかえってひどい境遇に陥りがちなこと、不運というもののかなりの割合が普段の言動に起因しているなど、言われると確かにそうだと思われる言葉が随所で紹介されている。

渋沢は業績を上げた分だけ、だまされたりひどい目に遭わされたことも多かったはずだと想像しているが、その上でも前向きな言葉を多く残しているのはすごいと思う。

また、実業を志していて弁舌に自信もあった渋沢を説き伏せて大蔵省にスカウトすることに成功した大隈重信をはじめ、井上馨、木戸孝允、大久保利通、江藤新平といった明治の元勲たちの話が出てくるのも時代を感じるし、各章の末尾には渋沢が2回ノーベル平和賞の候補になっていたなどのトリビアが書かれているのも良かった。

渋沢栄一の言葉に関する本は、5代目の子孫に当たる渋澤健による『渋沢栄一 100の訓言』も読んでいてそれぞれ違った良さがあるが、読みやすさでいけば本書の方がいい。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 渋沢栄一,