読んだ本の感想をつづったブログです。


保険会社が知られたくない生保の話 (日経プレミアシリーズ)
保険会社が知られたくない生保の話 (日経プレミアシリーズ)
後田 亨
日本経済新聞出版社 2013-10-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
生命保険のウラ側 (朝日新書)
生命保険のカラクリ (文春新書)
生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由 (講談社+α文庫)
日経プレミア 保険外交員も実は知らない生保の話 (日経プレミアシリーズ)
バカしか入らない生命保険 (祥伝社新書)
生命保険は「入るほど損」?!
保険会社の社員が家族にしか教えない“本当"の保険の選び方
生命保険の嘘: 「安心料」はまやかしだ
書けばわかる! わが家にピッタリな保険の選び方
生命保険とのつき合い方 (岩波新書)


生命保険の問題点について、費用や確率、利回りなどの具体的な数字を挙げて語っている作品。
著者の『生命保険の「罠」』『生命保険のウラ側』が良かったので本書も購入した。

読んでいくと、当然のことながら保証の内容や期間を増やせばそれだけ保険料が上がるわけだが、問題は貯金をして不測の事態に備えておくこととどちらが有利なのか?という問いかけ、多くの商品があまり有利でないという結果となっている。
健康保険などの社会保障もあるので、民間の保険はそれらでカバーできない部分を補うという使い方が正しいのだろう。

最も利用する意義があるパターンとしては子どもが成人したり年金生活に入るまでの保障をつけるという形で、これならば掛け捨ての定期保険となって費用が抑えられるということになる。
こうした話を他の本でも読んでいたので、少し前に大手の生命保険会社の契約を解約し、職場の団体保険に切り替えた経緯がある。

「支払いできないくらいの高額な費用が発生する事態に備えるために支払う」というのが保険の基本的なスタンスであり、例えば入院して数日の費用に保険金が出るようなケースはその分が保険料に上乗せされているわけで、確かに手数料の分だけ損していることになる。

そのため、生命保険のたぐいは例えば100万円単位の貯金ができるまでは加入しておき、ある程度貯蓄ができたら見直すという方法が書かれていて参考になる。

また、学資保険や年金保険のような商品だと、大して利回りが良くない割に早く解約するとペナルティの分だけマイナスになるわけで、資金を積み立てることと比べると流動性や自由度の分だけ負けることも納得しやすい。

こうした話を読んでいて思うのは、貯蓄の性質のある保険商品は「自分で資産管理ができない人が入るもの」ということで、保険以外でできることはそれらの手段を用い、保険でしかできないことを保険でカバーするのが理想的だと考えている。

他にも不透明な手数料率、給料が高いイメージがある保険業界で定着率が低いという現象、ファイナンシャルプランナーの見分けた方など、生保にまつわる多くの話が書かれている。

本書もまた、何となく入っていた保険を見直すきっかけになる良書だと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト