読んだ本の感想をつづったブログです。


消えた都道府県名の謎 (イースト新書Q)
消えた都道府県名の謎 (イースト新書Q)
八幡和郎
イースト・プレス 2016-07-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
最終解答 日本近現代史 (PHP文庫)
世界と日本がわかる 最強の世界史 (扶桑社新書)
日本と世界がわかる 最強の日本史 (扶桑社新書)
なぜ、地形と地理がわかると戦国時代がこんなに面白くなるのか (歴史新書)
「昔の名残」が見えてくる! 城下町・門前町・宿場町がわかる本
最終解答 日本古代史 (PHP文庫)
ここまでわかった 本能寺の変と明智光秀 (歴史新書y)
戦国時代前夜 応仁の乱がすごくよくわかる本 (じっぴコンパクト新書)
知れば行きたくなる! 京都の「隠れ名所」 (じっぴコンパクト新書)
日本史が面白くなる「地名」の秘密 (歴史新書)


明治時代に何度かの変遷を経て47都道府県の原型ができたわけだが、その過程でできては消えた都道府県名についてマニアックな知識を紹介している作品。

まず、「藩」という表現は江戸時代はあまり用いられず、明治になって版籍奉還の際に正式に用いられるようになったという話に驚く。
また、会津藩の本拠だった会津若松市が福島県の県庁所在地にならなかったように、戊辰戦争で負けた藩は県名や領域、県庁所在地の選定などで冷遇されたという話があるが、これは都市伝説に近いウソと書かれているのも少し衝撃を受ける。

細かな旧藩名や旧県名は覚えられないし知らない地方だとよく分からないが、幕府、大名、旗本、寺社などの領地が錯綜していた状態からさまざまな試行錯誤を繰り返して現在の形に落ち着いた経緯や、利権や面子、県庁所在地、開発方針などをめぐっての争いが繰り返された話などが紹介されていて興味深い。

群馬県の前橋と高崎、埼玉県の東部と西部、長野県の北部と南部、福井県の嶺北と嶺南など、県の中で地域間で意地の張り合いがあることが書かれていて、特に知名度の低い地域の人に対してあまり触れてはいけない話題があるかもしれないと注意をした方がいいのだろう。

東京だと三多摩、京都だと丹波や丹後といった農村部のエリアが組み入れられて少し細長い形になっているのは、当時が農業中心の産業構造だったために税金を農村で徴収して都会で使うためとあり、そういうことかと合点がいった。

都道府県の領域決めではいくつもありえたIFがあるとして、例えば飛騨が岐阜県ではなく富山県、能登が石川県でなく富山県、三河が愛知県ではなく静岡県など、地勢や文化からさまざまな組み合わせを想像して楽しめそうである。

本書は『残念な人の仕事の習慣』などとともに図書館で開催された古本市で10円で購入したもので、コストを考えると十分当たりの本だったと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト