読んだ本の感想をつづったブログです。


戦国武将の明暗 (新潮新書)
戦国武将の明暗 (新潮新書)
本郷 和人
新潮社 2015-03-14

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦国武将の選択 (産経セレクト)
戦国夜話 (新潮新書)
天皇はなぜ生き残ったか (新潮新書)
戦国史が面白くなる「戦国武将」の秘密 (歴史新書)
島津義弘の賭け (中公文庫)
「戦国大名」失敗の研究 (PHP文庫)
天皇はなぜ万世一系なのか (文春新書)
「幕末大名」失敗の研究 (PHP文庫)
知れば知るほど面白い!「その後」の関ヶ原 (じっぴコンパクト新書)
新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い


東大の史料編纂所教授による、関ヶ原の合戦前後を中心として戦国武将や関係者が何をしてどのような運命をたどったかについて語っている歴史エッセイ集。
『週刊新潮』に連載したものを単行本化したものである。

まずは通説と異なる話、例えば合戦の舞台が関ヶ原になったのは西軍から家康と内通が疑われていた小早川秀秋が松尾山を占拠したことによる偶発的なものだった可能性、伝わっているよりも秀秋軍が少なかったのではないかという疑惑、「大谷吉継の茶」や黒田官兵衛にまつわるエピソードのソースとなる史料が見つからないなど、史実と思い込んでいる話には怪しいものも多いことが分かって軽くショックを受ける。

他にも毛利輝元がいとこである吉川広家の手紙で「練れた人でない(要するにバカ)」と書かれるような甘さがあったこと、島津家が活躍できなかった背景には伊集院一族の反乱があったこと、「北陸の関ヶ原」では大谷吉継による切り崩し、西軍の丹羽長重の奮戦、前田利長の冴えなさなど、『天地人』の主人公として知られる直江兼続が出羽の長谷堂城(それほど堅固でもない)を落とせなかったのはそれほど戦いに強くなかったのでは?という疑惑など、関ヶ原の合戦にまつわる興味深い話がいくつも書かれている。

関ヶ原の合戦が終わった後に家康が実施した論功行賞や戦犯の処罰では、毛利や前田、加藤清正、京極高次、井伊直政といった具体的なケースから、身内へのケチさ、婿への甘さ、政治的な判断などが考察されているのも面白い。

全体的に題材は面白いが、少し文体に安定感がないようにも感じた。
著者はまえがきで、自分の本が売れないと自虐を語って本書で軽さを意識して書いたということだったが、それによって無理した感じが出たのかもしれない。
売れ行きが良くない理由は題材の選び方ではなく、文体や構成に起因しているのでは?と思ってしまった。

題材自体は面白いので、他の著作も読んでみようと思わせてはくれた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト