読んだ本の感想をつづったブログです。


眠れない人がぐっすり眠れる本 (ソフトバンク新書)
眠れない人がぐっすり眠れる本 (ソフトバンク新書)
鴨下 一郎
SBクリエイティブ 2012-01-17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「全身の疲れ」がスッキリ取れる本 (知的生きかた文庫)
人はなぜ眠れないのか (幻冬舎新書)


医師による、眠れなかったり昼間に眠くなる症状におけるメカニズムや、ぐっすり眠るための方法を解説している作品。

まず不眠には3つのタイプがあり、簡単に言えば体内時計の狂い、ストレス、うつということになる。
そして昼寝が必ずしも安眠に効果的ではなかったり、週末に眠ることは睡眠不足を補う効果はあっても眠りの先取りはできないこと、手をおなかの上に置くと手が温まって眠りやすくなるなどの話が参考になった。

また、眠りは食事と同じように前日や翌日とのつながりを意識することが重要ということが書かれていて、確かにそうだと思った。

他にも食事や入浴、照明、アロマといった手法が書かれている。
できればストレッチや体操に関する話がもう少しあればいいと思ったが、まあまあ興味深く読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト